バロックバイオリン教室HOME > MENU > レッスン科目・講師紹介 >
  
  バロックバイオリン教室  
   あなたをバロックの世界へいざないます、アルル音楽教室で実現
  アルル音楽教室 東京都新宿区下落合3-20-5 最寄り駅は山手線目白駅(池袋駅の隣、豊島区) 
  ☎
03(3953)0777   趣味で初心者から習えます  mailadm@arurumusicschool.com

  
バロックバイオリン使用、練習室使用無料
  体験レッスンは経験の有無に関わらず気軽にお電話にてお申込みください。
  
   科目一覧のページに戻る   目次のページに戻る  HPトップに戻る  地図  資料請求  メール            

 楽器レンタル
 練習室開放
 体験レッスン
 入会レベル

 入会金
 月謝
 開講曜日、回数
 行事
 講師

無料でアルル内で使えます
無料で早朝から深夜まで使えます
無料で1回受講出来ます
楽器に触れた事が無い初心者から可
個人レッスンですので自分に合ったレッスンが受けられます
15000円(税別)
11200円(税別)
(相談に応じます)
発表会、アンサンブル
天野寿彦 東京藝術大学音楽学部を経て、同大学大学院修士課程を修了


天野寿彦


バロックバイオリン



バロック弓の先端、上から
初期バロックモデル
1720年代フレンチモデル
古典派モデル


 
 天野寿彦 バロックバイオリン教室講師

 
バロックヴァイオリンで17世紀から18世紀の音楽を弾いてみませんか?

 17世紀から18世紀の音楽の主な目的は「人の心を揺り動かす」ことでした。
 この時代に書かれたヴァイオリン曲もそうです。
 ある時は優しく、そしてまたある時は強く語りかけ、人を喜ばせ、静め、鼓舞し、
 そして涙を誘います。
 当時の演奏習慣を見直し、当時の楽譜とその時代の形の楽器を使うことが、
 当時の作曲家や演奏家と時代を超えて精神的につながること、そして
 「人の心を揺り動かす」という目的への近道の一つです。

 楽器について
 バロックヴァイオリンとバロック弓をお持ちでなくても、お持ちのモダン楽器
 にガット弦(羊の腸をよったもの)を張るだけ、もしくは「弓だけバロック」でも
 結構です。楽器、弓をお探しの方はご相談下さい。

 レッスンについて
 レベルに合わせて17世紀から18世紀の曲を選びます。ヴァイオリンを弾く
 こと自体初めてという方ももちろん歓迎です。

 アンサンブルについて
 リコーダー、トラヴェルソ、チェンバロの生徒さんとアンサンブルをする機会を
 楽しんでいただくことも出来ます。

 ガット弦を響かせて、まずはご自分や共演する方々の「心の弦」をそれに共鳴
 させて、そしてまさに聴く人の心の琴線に触れる演奏を一緒に目指しませんか?

 (プロフィール)
 ヴァージニア州立ウイリアム・アンド・メアリー大学卒業
 東京藝術大学音楽学部を経て、同大学大学院修士課程を修了
 バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、
 ル・コンセール・フランセ、コンチェルト・コペンハーゲン等の古楽オーケストラの
 公演、録音に参加。
 ヴァイオリンを若松夏美、A.ベイエ、S.スタンディジ、 R.ポッジャーの各氏に、
 アンサンブルを鈴木秀美、鈴木雅明、小島芳子の各氏に師事

 バロックを始めるきっかけはアメリカの大学在学中に履修した音楽史の授業で
 古楽器の演奏によるバッハの『ブランデンブルグ協奏曲』を聴いたことです。
 陰影が豊かで切々と語りかけてくる様な古楽器の音色に魅せられました。

   アルル音楽教室 講師演奏 動画をお楽しみにください
     アルル音楽教室 ファゴット 音楽院 音楽学園   アルル音楽教室 講師演奏 動画集一覧
      アルルの女          
  アルルは、幼児から80代の方まで楽しく通っている音楽教室です。独奏だけでなく、皆さんアンサンブルも
 楽しんでいます。モダンバイオリンとは一味も二味も違うバロックバイオリンの奥深い世界。
 一度、体験してみてください。きっと虜になるでしょう。
 
 案内書は無料で送っています。☎03-3953-0777(午後1時~夜10時まで)
 メール (ご住所お名前をご記入ください) 体験レッスンも気軽に申し込んでください(電話にて受付中)
    科目一覧のページに戻る   目次のページに戻る  HPトップに戻る  地図  資料請求  メール

      練習室が使える音楽教室アルル  東京都新宿区下落合 JR目白駅(池袋、豊島) 

  バロックバイオリン質問箱

 Q、普通のバイオリンを持っていますがそれでレッスンは出来ますか?
  A、バロックの曲の演奏をする事は可能です。しかし、バロックの音楽表現を追求していくと
   やはり、専用の楽器、弦、弓が必要となります。特に弓が重要となります。