トランペット教室  アルル音楽教室・東京・目白 

   初心者は音が出ないトランペット・・アルルなら体験レッスンで、初心者でも音が出せる
   弱点を克服、更なるレベルアップを目指す・・
ビッグバンド、オーケストラ演奏も夢じゃない
     
♯ トランペット持ち帰りレンタル無料  ♯ 練習室使用も無料
       ♯ 月謝は現金払いなので退会も即時自由、だから気軽にチャレンジ 
        ♯ 憧れの名曲を、友人を招待して発表会で吹ける
                    
     
   楽器無料    入会手続きをしたその日に持ち帰りレンタル可能・印鑑不要・保証金不要

 練習室無料  常時自由(予約不要。早朝から深夜まで利用可)

 体験レッスン随時可能(無料)   ☎03(3953)0777(随時可能)

 所在地  京都新宿区下落合3-20-5 最寄駅・JR目白駅(豊島区・池袋駅の隣り) 地図
 入会金
月謝
体験レッスン
レッスン回数
レッスン形式
手ぶらレッスン
 
自由練習
入会レベル

行事


年齢
楽器の種類
 15000円・税別
 11200円・税別          資料請求
 無料(随時可能)
 年間42回(月3回、又は4回)
  30分の個人レッスン(同じ曜日、時間)   
 楽器所有者もマウスピースを持参すれば、アルルの楽器でレッスンが受け
 られます。自由練習も出来ますので、会社帰りも手ぶらでOK。
 早朝から深夜まで可(予約不要)
 全くの初心者から、ベテランまで、個人レッスンですので、
 一人一人のレベルに合わせられます。
 発表会、アンサンブル、コンパ、(参加は自由)
 ジャズの発表会はライブハウスにて行います。
 クシックはコンサートホールで行います。
 小学生から社会人まで、年齢は自由です。
 トランペット、コルネット、フリューゲルホルン
     アルルの指導力  トランペットは努力と上達が全く比例しないという特殊な楽器です。
 アルルでは生徒さんの歯、唇に合わせたアンブッシャ(口の使い方)を作りをします。
 全身を使った息の使い方を指導し、短期間に上達出来るように指導しています。
    レッスン対象者  一人で好きな曲を吹きたい方、ブラスバンド、ジャズバンド、アマチュアオーケストラで吹いている方、
 将来アンサンブルに参加して仲間と一緒に吹きたい方、思うように吹けずに悩んでいる方
    音楽のジャンル  ジャズ、ポピュラー、映画音楽から、ブラスバンド、オーケストラのパートまで
            科目一覧のページに戻る 目次のページに戻る 表紙に戻る  地図  お問い合わせ 
 

髙江洲 圭
 
 皆さんこんにちは。私はアルルでトランペットの講師をしている髙江洲圭です

 私が最初に手にした楽器は打楽器でした。歯並びに問題があり初めは希望の
 楽器を手にする事が出来ませんでした。
 しかし、ある人との出会いとアドバイスでトランペットを手にすることが出来ました。
 そんな経験から、少しでも皆さんのトランペットを『始めてみたい!』『上手くなりたい!』
 という気持ちのお手伝いが出来ればと思っています。
 トランペットをうまく吹けると気持ちいいですよ!!
 悩んでいる方は私のところへどうぞ。
 100%の保証はありませんが99%はお約束します。
 トランペットを思い切り吹けた時の感激は最高です!    
 
 スターウォーズ生徒発表会・リハーサル動画
 https://www.youtube.com/watch?v=SIkI4CMS5gA

 
 (プロフィール
 沖縄県立芸術大学卒業、桐朋学園大学 研究科修了
 トランペットを津堅 直弘、祖堅 方正、佛坂咲千生各氏に師匠。


 (開講曜日)水曜、金曜、日曜   

 
 おさらい会報告
  雑記帳
 

 

岩田 麻美

 こんにちは、トランペット講師の岩田麻美です。

 私は小学校4年生の時に吹奏楽部に入り、トランペット(当時はコルネット)に
 出会いました。それ以来「トランペットが好き。
 トランペットがうまくなりたい」という気持ちを持ち続け今に至ります。
 私と同じような気持ちをお持ちで、一緒にトランペットを楽しみたい方は、
 是非一度体験レッスンに来てください。

 レッスンでは、生徒さんが演奏したい曲が吹けるようになることを目標にして、
 クラシックを基礎に個人のレベルに合わせて行っております。
 また、アンサンブル発表会では金管アンサンブルに挑戦している方もいます。
 レッスンやアンサンブルを通してトランペット仲間と一緒に音楽を楽しみましょう。

 岩田 麻美 <土曜日開講>
 桐朋学園音楽大学卒業。桐朋オーケストラアカデミー修了


相馬伸江先生

 アルル音楽教室でトランペットを教えている相馬伸恵です。

 『トランペットは音を出すのは難しい楽器ですが、そのぶん
 音が出た時の喜びはとても大きなものです。』

 『個人に合わせて基礎からしっかりレッスンします!
 一緒に頑張りましょう!』

 現在、多数の小、中、高のブラスバンドで指導しています。
 口が楽器の一部であるトランペットは一人一人全員が異なる
 事情を抱えます。ですから、画一的な教え方ではなく、その人に
 合った吹き方を一緒に考え、指導しています。

 今、トランペットで悩まれてる方は、一度体験レッスンに
 来てください。道は必ず開きますよ。

 青森県出身。尚美学園大学音楽表現学科卒業、同大学院修了。
 卒業演奏会、ヤマハ新人演奏会に出演。
 大学院在学中にナチュラルトランペットを始め、様々な演奏会、
 レコーディングに参加。
 トランペットを神代修氏に師事。
 現在、関東を中心にフリー奏者として活動中。
 また、多数の小、中、高等学校吹奏楽部にてパート講師を勤める。

 (開講曜日) 月曜

ジャズトランペット
高橋正博先生


 こんにちは、アルル音楽教室でトランペットのジャズコースの講師を
 している高橋正博です。

 トランペットという楽器は他の楽器と違って
 音を出すことがとても難しい楽器です。難しいだけにやりがいのある
 楽器です。この厄介な楽器で奇麗な音を出し、美しいメロディを奏で、
 そしてジャズのアドリブまでしてしまう。この達成感は、もう人生の
 至福のひとときですね。まずは奇麗な音を出すことから一緒に頑張り
 ましょう。初歩からベテランの方までトランペットに興味がある方は
 是非一度遊びに来て下さい。
アドリブまで出来るように指導します。
 
 ◆チョットしたプロフィール◆
 
  高橋 正博
 ・演奏家・編曲家・コンピューターミュージックプログラマー。
 ・高校時代に所属していた軽音楽部でトランペットを手にして以来
  トランペットの虜となる。
 ・日本フィルのミツノブ先生に奏法レッスンを受ける。
 ・渡辺貞夫教室にてジャズ理論を勉強。
 ・小野満とスィングビーバーズ、チャーリー石黒と東京パンチョスなど
  ビッグバンドに在籍後フリーミュージシャンとなる。
 ・東京ディズニーランドDHRにてミュージカルショウの演奏と指揮を18年間担当。
 ・自己の率いるスィングジャズのコンボバンドHBBandでも活躍中。

 ◆
体験レッスン受付中

 開講曜日  木曜、日曜 (他の曜日は相談)
 

勝見誠先生

 
  こんにちは、
 アルル音楽教室でトランペットを教えている勝見誠です。


 元NHK交響楽団首席奏者の祖堅方正先生の元で
 勉強しました。師がフィリップ・ジョーンズ氏の元で
 アンサンブルを学び帰国し、「東京ブラスアンサンブル」を
 結成し活動を始めた時期でもあり、私も自分でメンバーを
 組んで練習を重ね演奏活動を行いました。
 フィリップ・ジョーンズ氏の講習会や、
 エンパイヤ・ブラスアンサンブル、カナディアン・ブラス
 アンサンブルの方々にレッスンをしてもらったりと、
 学生時代は、オーケストラとアンサンブルの勉強で忙しい
 毎日でした。その延長線で、今は、オーケストラの指導や、
 吹奏楽の指揮などもしています。

 (開講曜日) 月曜、木曜、
 
体験レッスンは無料で随時申し込みが可能です。入会を前提としませんので気軽に申し込んでください

                 楽譜が読めない、楽器に触った 事がない、音痴・・・・、年齢が・・・・大丈夫です
      他の教室で受講している・・・、パートリーダーに選ばれたが自信がない・・・、部内でオーデションがある・・・是非どうぞ
アルル音楽教室の気になること
    
    その1 体験レッスン後、自分から質問、相談しない限り直ぐに帰れます。引き留・勧誘・クレジット契約の勧めはしません。
    その2 入会の際に入会金、当月の月謝(レッスン回数で計算)、教則本等の実費以外には、他に一切支払いは発生しません。
         クレジットカード、印鑑は必要ありません。
    その3 レッスンの契約期間はありません。1ヶ月で退会しても自由です。(その場合発生する支払いはありません)
    その4 レッスン開始後、短期間で他の楽器に変更したい場合、入会金は必要ありません。
         又、その科目の楽器を無料で持ち帰れます。
    その5 退会はお電話だけで即日出来ます。翌月、翌々月分を銀行口座から引き落とされてしまうという事は,アルルではしません。
    その6 入会後都合で退会しても、その後再入会する時に入会金は不要です。再入会は何回でも繰り返せます。
                 
教室選び 10 の法則

  1 その音楽教室に入会すると本当にその楽器の演奏ができるようになるのかどうか?その見分け方
          音楽教室は年1回発表会を開催しています。その音楽教室の独奏の発表会のプログラムを見せてもらって、生徒さんが
          独奏で弾いている曲目を見てください。自分がその教室に入った場合に将来上達できるのか、未来の自分を見る事が
          できます。独奏の発表会を行っていない教室は、その教室で上達した生徒がいない可能性があります。  
   確実にレッスンが受けられるかどうか?
          アルルでは生徒さん全員に指定席を用意していますので確実にレッスンが受けられます。
          スケジュールが選べるシステムで多く発生する問題は、希望する時間は一杯で予約が取れず、又、希望と講師の予定が
          合わず、結局レッスンが受けられない・・・そうこうしている内に月が変わってしまう、という話はアルルでは存在しません。
   レッスン継続の契約期間があるかどうか?
          希望に燃えて始めても、上達出来なかったり、様々な事情により退会する必要は多々あります。その場合に契約期間が
          あると支払いが発生します。退会が自由に出来るか、退会の際に請求されるお金があるかないかの確認が必要です。
   再入会が多い教室かどうか?
          せっかくレッスンを始めても、仕事、受験、転勤、健康、家族、その他の事情で退会する必要が必ずあります。
          その様な場合に、再度行きたくなる教室かどうか。再入会が多い教室は満足度の高い教室。再入会がない教室は満足度
          が低い教室という事になります。アルルは再入会が非常に多い教室です。
   どんな先生が教えてくれるのか?
          教えてくれるのは講師という一人の人間です。講師のレベルは極めて重要です。
          又、講師の入れ替わりが多い教室での上達は限界があります。
   個人レッスンかどうか?
          上手くなりたいのでしたら、それは個人レッスンが良いと断言します。
  7 レッスン回数の確認
          ビギナーの場合は、レッスンを受けてもすぐに身に付きません。次のレッスンまでに間が開くと元に戻ってしまいます。
          ですから、レッスン回数が多いか少ないか確認が必要です。正直に言うと月2回レッスンでの初心者の上達は困難です。
   1回のレッスン時間について
          特にビギナーの場合、レッスン時間が長くてもその分上達出来る訳ではありません。一人での反復練習が必要と
          なります。ですから、小まめに回数を多くレッスンを受けた方が上達します。年間のレッスン回数の確認が必要です。
   アンサンブル活で動があるかどうか?
          独奏の腕が上がったら、次はアンサンブルです。その楽しみは一生の楽しみとなります。
  10 勧誘営業があるかどうか?
          音楽の本来の目的は営業行為からは生まれません。勧誘営業は音楽、上達とは別な所に目的があるという事になります。
          又、月謝とは別にレッスンの度に別の費用が発生する例もあります。月謝以外の費用の確認が必要です。
                     
一言 
 
 せっかくトランペットを手にしても、半年もしない内にトランペットをクローゼットに仕舞い込むのはやめましょう。
 トランペットを演奏する為にはご本人の努力と教室の真面目な方針が必要です。私は皆様の上達を願っています。

                                                   アルル音楽教室 代表 星名久夫  
アルルにはどんな人が通っているの
  アルルでは小学生から60代の方まで通っています。アルルは趣味の人を対象とした音楽教室です。
  平日の昼間は、平日休みの社会人、主婦、子供、リタイアされた方、学生が通っています。
  平日の夜は主に社会人の方が通っています。
  土曜と日曜は東京から遠方の方や、平日は来れない社会人の方や子供などが賑やかに通っています。 
  大人の入会者は大半が全くの初心者で、他には学生の時に部活でやっていた方とか、他の音楽教室に通っていた方が入会しています。
アルルに入会するとどんな感じ


アルルは遊びで終わるレッスンはせずに、上達が持続する為の正統派のレッスンをしています。
  アルルでは基礎練習から始めます。家を思い浮かべてみましょう。赤い綺麗な三角屋根、可愛い出窓。
  しかし、その下には地中に深く掘り下げられた強固な基礎があります。もし、基礎が無ければ台風で飛んでしまいます。  
アンサンブル
アルル内のアンサンブル活動は生徒さん達のクラブ活動のような形で行っています。ですので月謝とかの決まりはありません。
トランペットはジャズのグループとクラシックのグループに分かれます。ジャズはブビックバンド、クラシックはオーケストラ参加も出来ます。 
アルルの入会条件
 音楽が好きなことだけ。楽譜が読めなくてもOK。 楽器が無くてもOK。 楽器に触った事がなくてもOK。上手くなりたい気持ちがある事。
講師演奏動画  アルル講師コンサートより  

アルル音楽教室 トランペット 音楽院 音楽学園
アルルの女/ビゼー

 
アメージンググレース


ストレートノーチェイサー
 
レッスンと上達の豆知識
レッスンで説明を受けて演奏します。しかし、説明を受けても直ぐに出来るわけではありません。反復練習が必要です。
練習をしていると自己流の道に迷い込みます。又、次のレッスンで軌道修正をしてもらい、次のステップを学びます。
その繰り返しがレッスンと上達の道のりです。
極端な話として、1日で6回レッスンを受けたとします。しかし、その日1日の上達の度合いは1回だけのレッスンと殆ど変りません。 

初心者がいきなり曲を吹くと広い音域を使うことになります。低音と高音では吹き方が違うのに、
それを無視して無理やり曲を吹くと、音が出ても音色も悪く音楽とは言えない騒音状態になります。
その状態を数か月以上続けてしまうと、その後の修正は極めて困難になります。
最初に身につけた吹き方は母国語状態。修正は新規に外国語を学ぶのと同じ状態になります。
発音から何から何まで全てを変える必要に迫られます。   トランペット製造の動画
       科目一覧のページに戻る  目次のページに戻る  表紙に戻る 地図  資料請求  このページのトップに戻る
   ☎ 03(3953)0777(受付時間 13:000~22:00)〒161-0033 東京都新宿区下落合3-20-5 (最寄駅 目白)  メール  トランペット教室・アルル  
    トランペットは価格も安く小形で手軽な楽器ですが、その小さな体に魅力が一杯詰まっています
                

 トランペットについて
  トランペットの音色はとても華やかで、聴く人の心に強く突き刺さります。そのインパクトの
 強さからトランペットは式典のファンファーレに使われますし、交響曲でも最も劇的な部分で
 高らかに鳴り響くのは決まってトランペットです。又、吹いた後の爽快感は最高で、音楽という
 感情を表現する関係でそのストレス解消度はスポーツ以上です。

  そんな魅力一杯のトランペットですが、余程上手く吹かないと、聴いている人は笑いを堪らえ
 切れずに噴き出してしまうのがトランペットでもあります。トランペットの演奏の習得は大変時間
 がかかり、全ての楽器の中で最も難易度の高い楽器でもあります。

  子供の頃からブラスバンド等でトランペットを吹き、体の成長と共に鍛えていくのが理想でして
 大人から始める楽器としてはその難しさは半端ではありません。しかし、山は高いほど登りがいが
 あるように、トランペットを始めると毎日が挑戦で、飽きることがありません。

  又、トランペットには肉体的にも精神的にも様々な健康効果があります。

 アルルには小学生、中学生、高校生、大学生、そして社会人も若い人から中高年まで約30名の
 人が学んでいます。興味がある方は体験レッスンにどうぞ。楽器はレンタルが利用出来ます。

 私の体験記 星名久夫記  
 
 
トランペットを始めるに当って  

 (練習について)
  トランペットは全ての楽器の中で、過激なスポーツと全く同じ要素を含んだ楽器です。
 だから、トランペットを吹くと気分が爽快になるのですが・・。

 よく休む・・
  トランペットの練習に必要な事は休む事です。つまり、吹くのをやめる事です。
 何を言っているんだ?と思われるかも知れませんが、そこでスポーツを考えてみて下さい。
 100m全力走の練習する時に、立て続けに走る人はいないでしょう。腕相撲をする時に
 立て続けに出来る人はいないでしょう。ちょっと吹いたらすぐ休む。特に初心者は吹く時間よりも
 休む時間を多く取る。5分吹いたら5分以上休む。10分吹いたら10分以上休む。サボりたい人には
 ピッタリの楽器かも知れませ。実は、この休んでいる間に上達します。

  試しに休みを入れずにピアノやバイオリンの様に吹き続けてみて下さい。吹けば吹く程下手になり、
 しまいにはプスッとタイヤの空気が抜けてしまったように音が出なくなってしまいます。

  この吹く時間と休む時間の組み合わせはその人のレベルと、高音をどれだけ使うかによります。
 高音を使う場合は充分な休みを入れる必要があります。

 ウォーミングアップから始める・・
  スポーツと全く一緒ですから、練習の最初は必ず軽くして、高音や大きな音は出さないで、
 又、過度な音の跳躍はせずに、負担の少ない内容から始めます。

  このウオーミングアップの内容はプロでも人により異なるようですが、ロングトーンを中心に
 考えて、リップスラー、タンギング、アタック、と各基礎メニューを自分なりに組み立てて下さい。
 私の場合は童謡を何曲か吹く事によりアンブッシュアーを見つけます。
 尚、ウオーミングアップは楽器を使わなくても出来ます。

 準備体操をしよう・・
  トランペットは全身を使って音を出します。声楽と全く同じです。
 顔だけ力んで高音を出そうとするのは間違っていますし、実際問題として出せません。
 足も含めて、腰、腹筋と全身の組み合わせにより音をコントロールします。
 試しに、少しトランペットを吹いてみてから、次に10分以上体操をしてからもう一度吹いてみて下さい。
 さっきと同じ様に吹いたつもりが、音量、音の艶、音の厚みが全く違う事に自分自身驚くはずです。

  体操は全身の曲げ伸ばし、腕立て伏せ、腹筋、飛び跳ね、連続膝上げ、両手の振り回し、
 肩の脱力・・特に決まりはありません。条件は全身をほぐす事、軽く汗ばむ位する事です。
 そして大きく深呼吸をして肺を刺激しましょう。海で素潜りをする前は必ず何回か深呼吸をします。

 百面相をしよう・・
  顔の体操もしましょう。これ以上大きく開けられない位大きく口を開ける。口を思い切り左右に
 曲げてみる。舌をグーンと突き出してみる。その他何でも工夫してみて下さい。
 これは、本番会場で音を出してウオーミングアップが出来ない時にも役立ちます。

 マッサージをしよう・・
 顎や頬、口の周りから首の周囲まで、さすったり、押したり、揉んだり。
 何度も繰り返しますが、スポーツと全く一緒ですから、こういうマッサージは練習前だけでなく、
 特にタップリと練習した後には入念にした方が良いです。

 立って練習しよう・・
  これについてはアルルのHP内の上達の魔法の講座の中で詳しく書いてありますので、そちらを
 読んで下さい。子供は本能的にあまり無理はしませんが、大人から始める初心者は何とか早く
 吹ける様になりたいと無理をします。その時初心者の段階から座って練習していると、足や、お腹を
 使う事が分からず、顔吹き(顔だけで力んで吹く)の最悪の吹き方を身に付けてしまい、
 一生高音は出せない、すぐバテる、音程は不安定、何よりも美しい音が出せないという事になります。

  立つ場合も、気をつけのような姿勢だと腹筋を自由に使えません。両足を開き、足の裏をしっかりと
 床に密着させ、膝を軽く曲げて腰を落とし、上半身を脱力させます。この姿勢で腹筋が自由で
 柔軟になり、横隔膜を動かしやすくなり、ベルカントの呼吸がやり易くなります。
 -当HPの呼吸法のページを読んで下さいー ジャズトランペッターがハイノートを使っている時は必ず
 この姿勢を取っています。テノールがハイCを朗々と歌っている時も足を軸にして上体を支え、上半身は
 脱力し柔らかくしています。

  声楽のレッスンは必ず立ってレッスンをしますし、椅子には座りません。声楽とトランペットは体の
 使い方が共通していますので、声楽の発想をトランペットに取り入れると良いです。

 唇はリード・・
  唇は木管楽器のリード(又は、声楽の声帯)だと思いましょう。吹いている時リードは振動して
 いますが、そのリードを振動させているのは息(空気、風)であり、その息をコントロールして
 いるのは体全体です。
 トランペットは唇で吹く、唇だけで高音を出そうと思っている人は一生上達しません。

  初心者は中音域から練習を始める事を進めます。低音域から練習を始める場合は、
 音は出しやすいのですが、唇を前に出したり、左右に開いたりして、唇の裏側の奥の方(外から見え
 ない部分)を振動させてしまわないように充分注意して下さい。この間違ったアンブッシュアーでも
 一応簡単な曲は吹けますが、すぐ疲れる、高音が出せない、難しい曲は吹けない、何よりも
 トランペット本来の美しい音が出ない、という事になります。今、悩んでいる人は自分が
 マウスピースの中で唇がどのような状態か、どの部分を振動させているか確認して下さい。

 大人の初心者は、プロや子供の練習とは違った発想が必要
  プロは子供の頃からトランペットを吹いていた人達です。体の機能が体の成長と共にトランペットを
 吹く為に出来上がっています。そして、日々の日常はその今までの蓄積を維持する事が重要課題と
 なります。

  十代の場合は体が成長期ですので、無理をしなくても体の成長と共に演奏能力は向上していきます。

  大人から始める初心者の場合は全く違います。トランペットを吹く為の必要なものは体に全く備わって
 いないどころか、体は成長期を終え日々下降しています。ですから、大人から始める場合は、子供と
 同じ様に無理をしない練習をしているだけでは一向に上達しません。体は日々衰えているのですから。
 発奮して頑張る事が必要となります。

  しかし、そこでスポーツの原則を思い出し、疲れを溜めないよう休む事を練習の大事なメニューとして
 取り入れる必要があります。体に刺激(無理)を与えたら次は休む。このバランスが重要です。
 陸上競技のトレーニングの発想を取り入れることにより、大人(特に中年)から始めても上達が期待
 出来ます。発奮するのには、どうしても吹きたい好きな曲に取り組む事が良いでしょう。
 しかし、焦ると顔吹きになりますから焦らないで下さい。山は高いのです。

 (楽器選び)
  最初から高級品を購入するのはあまりお勧め出来ません。素人目にはシルバーとゴールドの色の
 違いしか分かりませんし、多くの奏者に使われているブランドが必ずしも自分に合うとは限らないから
 です。又、各楽器の違いを感じるのには自分が吹けない事にはどうしようもありません。
 初心者にはその違いが分かりません。しかし、実際には、バイオリンに例えれば体格に合わない
 大きさの楽器で無理な練習をする。重量別のスポーツ競技に例えれば、間違って上の階級に入って
 過酷な戦いを強いられる羽目になる・・・と言ったとんでもない違いが各楽器にあります。
 必ずしも先輩が勧める楽器が良い楽器ではありません。それはその先輩にとって吹きやすい楽器に
 過ぎません。 ではどうしたら良いのか。

  アルルの無料持ち帰りレンタルで始めてみる。もし、自分で買うとしたら信頼出来るメーカーで、
 シルバーで、軽い楽器を選ぶ事を、無難という意味で勧めます。最初の楽器は踏み台と考えて
 お金がもったいなくても、吹ける様になったらもう一台は必ず実際に吹いて選んで買って下さい。
  又、最初は低価格の物を勧めます。高級品は設計の目的が絞られており、自分の体力、
 目的に合わない楽器はその人に取って有害なだけで、何の役にも立ちません。

  自動車を考えてみて下さい。時速300kmが軽く出せる車高の低いスポーツカ-が雪の山道に
 迷い込んだらどうなるか。乗り心地が最高の高級大型外車が軽自動車しか曲がれない東京の
 路地裏に迷い込んだらどうなるか。立ち往生するしかないでしょう。

  トランペットの場合、それ程の大きな違いが、一見して同じにしか見えないボディに隠されています。
 そう言った事が分からずにトランペットに取り組むと、いくらやっても上手く吹けない、いくら頑張っても
 高音が出せない、すぐバテてる、おもしろくない、難しい、挫折する、諦める・・と言う結果になります。

 注意・・この楽器選びの記述はトランペットに限ります。弦楽器等他の楽器には当てはまりません。

 (マウスピースについて)
 最後に、最も厄介なマウスピースについて、幾つか役立つ考えをお伝えします。

  世界的に有名なメーカーが汎用品として基準を示していますが、それは西洋人の骨格、体型による
 ものです。仮に、同じ身長の西洋人と日本人の口を比較した場合、西洋人の口の方が大きいでしょう。
 西洋人の方が肩幅もあり、体力も勝っているはずです。

  トランペットを買う時に高級品を買うと当然の如くマウスピースはついていません。それは、マウス
 ピースは自分の口、体力、音楽上の目的に合わせて自分で選びなさいという事です。

  普及品を買うと当然の如く標準モデルとされるマウスピースがついています。しかし、人の口、
 体力、音楽のジャンルの嗜好、音楽表現の目的に標準があるでしょうか。あるわけありません。

  身長150cmの子がオーケストラ奏者が使うのと同じ有名メーカーの同じ様な大きな
 サイズのマウスピースを使っているのを見ると私は不思議に思います。
 弦楽器は体型に合わせてサイズを大きくしていくのが常識です。
 確かに小さいマウスピースを使うとそれに合わせた吹き方が体に定着してしまいます。
 将来、プロオーケストラのトランペッターを目指すのなら大きいマウスピースを使い、
 それに合わせて自分を成長させるのも一つの考え方でしょう。
 しかし、大人から始める場合、体は下る一方であり、体の成長はもうないのです。

  こういう問題を考えるのはプロですが、世の中のプロ全員がトランペットを子供から始めた
 人達であり、大人から始めた初心者の体験は誰もしていません。
 私の考えでは吹く力が備わっていない初心者は小さめの物を使い、余力が出来て次の段階に
 進みたいと思ったらサイズを大きくする方が自然だと思っています。

  自分の目的を考えましょう。プロ、アマを問わず、オーケストラでトランペットを吹きたいと思ったら
 大きいサイズが必要となります。音量が出せて、音色は重厚で深みがあり、弦楽器、木管楽器とも
 音色が合います。しかし、例えアマオケでも子供から始める事が必要です。

  ポピュラー方面に進みたい場合はクラシックとは全く異なった発想になります。ライブハウスでも
 スタジオ録音でもマイクを使いますので無理して音量を出す必要がありません。
 又、オーケストラ奏者の場合は高らかに吹いた後は休みになりますが、ポピュラーの世界では
 吹き続けなければなりません。しかも負担の大きい高音を頻繁に使います。
 もし、オーケストラ奏者と同じ大きいマウスピースを使ったら間違いなく口を壊すでしょう。
 ですから負担の少ない小さめのマウスピースを使います。
  又、求める音色もクラシックとは全く違います。ジャズは渋め、ポップスは明るさ、ラテンは鋭さ・・。
 いずれにしろ、プロになる為には子供から始めないと無理です。

  自分は初心者だし、オーケストラにも入らない。じゃあ小さい物でいいや・・ それも間違っています。
 自分に合うかどうか・・。そして大きい、小さいは絶対値で決めるのではなく、自分の口、体力との
 相対関係で判断すべきものです。
 ある人には普通でも、別のある人にとっては大き過ぎたり、小さ過ぎたりするわけですから。

  それと、楽器とマウスピースの相性の問題があります。オーケストラを制する重厚さとパワーを
 求めて設計した楽器に、ポップスの軽やかさを求めて設計したマウスピースを組み合わせても
 合うわけがありません。当然の事ながら、楽器と同じメーカーのマウスピースは相性が良いです。

  自分に合うマウスピースを選ぶ事は非常に難しい作業です。これは本人が感じる問題ですから
 先生に聞けば良いという問題ではありません。又、大前提として吹いて違いが分かるレベルが
 必要です。

  もっと厄介なのはそれぞれのマウスピースにはそのマウスピースに合った吹き方が必要で、
 それを身につけるのに何日も、時には何ヶ月もかかるという事です。更に厄介なのは、今使って
 いるマウスピースに自分の吹き方が合わせてしまっているので、それを脱却しないと新しいマウス
 ピースも決められないという事です。

  しかし、買ったトランペットについていたマウスピースが自分に合っている可能性は
 低い訳ですから、いつかは自分の目的にかなったマウスピースを見つけて下さい。
 金管の一流専門店には大量の在庫があり試奏させてくれます。

  一本だけでベストの巡り合いをする事はないでしょう。私は数本買った中で、長所短所が激しくて、
 非常に楽に吹けるけど、どうしても使いこなせなかったある一本が、買ってから1年後の今になって
 一番の愛用品になっています。

  マウスピース一本で今まで出来なかった事が出来て、楽しくなる訳ですから、
 壁に当たっているいると感じている方は迷わず買い換えるべきです。
 私の場合はマウスピースだけでは解決出来なくて楽器も買い換えました。
 そして、前の楽器では出来なかったレベルが楽に出来て夢のような気分を味わいました。
 トランペットを諦めかけていたのが、楽器とマウスピースで解決するとは知りませんでした。
 そのメーカー(Schilke)は価格が高いのが難点ですが、予算オーバーの楽器も一度は試して
 みて下さい。しかし、前の楽器も先生が吹くと物凄く良い音がします。
 メーカーの優劣の問題ではありません。自分に合っているかどうかです。
 
  初心者でマウスピースの事が理解出来なかったら、変速ギアー付きの自転車を思い浮かべて下さい。
 スタート、坂道、高速と目的に合ったギアーを選ぶでしょう。選択を間違えれば、疲れるし、走りにくいし
 無駄な努力をする事になり、目的地に着く前にイヤになってしまいます。

 (注意)マウスピースを単純に大きい、小さいと表現しましたが、実際には複雑な要素を組み合わせて
     設計してあり、各メーカーが膨大な種類を作っています。
     いつか、時間の余裕が出来ましたらマウスピースについて書きたいと思いますが、それまでは
     ご自身で色々な物を試してみて下さい。

 
 
 
 (トランペット)明るい音色と、音の華やかさで人気
 (コルネット)楽器の長さが短く、又、トランペットより吹き易い為、
       小学生のトランペットの導入として用いられたりする。
 (フリューゲルホルン)ホルン奏者ではなくトランペット奏者が演奏する。
             甘い音色と語りかけるような柔らかい表現力を持ち、
             ジャズ等で用いられる。


 メール (ご住所お名前をご記入ください)

  科目一覧のページに戻る      表紙に戻る   目次のページに戻る  このページの最初に戻る  お問い合わせ

  東京都新宿区下落合 JR目白駅(豊島、池袋) 初心者から習える音楽教室(ミュージックスクール)