HOME > MENU > 交流掲示板

 交流掲示板 音楽教室 アルル                 
    目次のページに戻る     表紙に戻る 
 070-1504-0555  色々な話題のページを開く お問い合わ                 

2021年3月、4月の独奏発表会です。
 プログラム



アルルのグランドピアノ10台、アップライトピアノ10台は加藤登が整音、調律を行っています。
ジュリアード音楽院、桐朋学園の専属も経験したベテランです。現在、レコーディング、
コンサートの調律も行っています。



全ての楽器で体験レッスンを受け付けています 
2020.6


アルルは通常通りレッスンを行っています。
こんな透明マスクを用意しました(希望者のみ) 
2020.5
  

バロック発表会は8月に延期しました。
2020年
8月15日(土)、16日(日)になりました。

オンラインレッスンを開始しました。
スマホ、タブレット、パソコン、又、様々なアプリで対応。
但し、現状は一部のクラスに限られます。


コロナで心配されている方へ。
日本はニューヨークのようにはなりません。
デマ情報が拡散しています。
不安を煽る輩に踊らされないでください。

あまり不安に駆られると不安が不安を呼び込みます。
コメンテーターは相当いい加減な事を平気で言っています。
「そう言うお前が家に引っ込んで籠って家から
1歩も出るな」と、
私は言いたい。大人しい事を言っていたらテレビ受けしないので
降ろされちゃう・・のでしょう。

・日本人は綺麗好き。 風呂シャワーが日課になっている。
・家の中を靴のまま歩かない。 玄関が独立している。
・会話が少ない 声が小さい 大きな口を開けて喋らない。
・恋人でもない限り、肌(手、顔)を接しない。
・知らない人と会話しない。 挨拶もしない。
・健康オタクが多く健康サプリを飲んでいる人が沢山いる。
・核家族が進み、家族が独立して住んでいる。
・未婚率が高く一人暮らしが多い。
・ルームシェアなど、他人と住む習慣がない。
・手洗いするし、ウエットティッシュで手を拭く人が多い。
・会話をする時に体、顔を近づけない。

何といっても、肌を接する習慣がない事と、発音(発声)で腹式呼吸を使わない事が関係しています。

そして、最後に決定打を言います。
日本人は花粉症だらけだからです。
過去からコロナ対策と同じ事をしているのです。

でも、三つの密、(狭い、大勢、大声)は避けましょう。


発表会は予定通り開催します。
(大規模ではない)
一つの部で出演者が10~15名。
一般来場はなく、来場者は出演者の関係者のみで総人数が少ない。
会場は非常に広く人が密集しない。
天井が非常に高く、常時換気をしている。
クラシック音楽なので無言で聴く、歓声はあげない。
発表会情報 2020年3月独奏

新任講師の紹介


フルート教室講師の武田真依です

私は3歳からピアノを習っていましたが、初めてオーケストラのコンサートを聴きに行った際に、フルートの音色に惹かれてフルートに興味を持ちました。

最近では、ブラスバンド部の活動でも大人気の楽器で、
大人になって始める方も多くいます。

フルートは中学生以上になってからのイメージがありがちですが、幼児用フルートもあるので小さなお子様も早い段階から始めることができます。

初心者の方には、楽器の組み立て方や姿勢、楽譜の読み方など、基礎から楽しく丁寧にレッスンしてまいります。
ソロはもちろんアンサンブルも楽しく学び、レベルアップしながらレパートリーをどんどん増やしていきましょう!


 バロック発表会 2019年
  
バロック発表会が無事終了しました。2019年5月
バロック時代は大きなコンサートホールはなくサロンで音楽が演奏されていました。
作曲家もサロンの空間に合わせて、目の前にいる人に訴えかけるように曲を創りました。
そんなバロック時代を再現するために、音楽会様に造られた一軒家で発表会を行いました。
悠久の時代に浸った一時でした。



アンサンブル発表会(2018年10月)情報

               
バイオリン講師  佐々木綾先生です。 金曜、土曜担当です。


ハープクラスが新しい先生を迎えました


シャンソン、カンツォーネ講座参加者募集

1歳の誕生日
生徒さんに呼ばれ1階のスタジオに行った。その人はアルルで1年前にチェロを購入、
そのチェロの満1歳の誕生日だそうだ。二人で、彼の愛するチェロの為に乾杯をした。




トラッド目白での講師 公演

弦楽四重奏 慕情



音楽レッスンは知能開発に役立つ実験結果
音楽レッスンは、スポーツ、美術、演劇、ダンスよりも子供の学力向上に役立つ・・・ほんとかな?
日本の義務教育では難しい、子供を使った実験結果

注意して欲しいのは、音楽を聴くことではなく、楽器を弾く事です。
 THE WALL STREET JOURNAL



音楽で脳力アップ、アンチエイジング 実証済み
アルルに通うと成績が上がる、若返る、本当です。

演奏動画

愛の悲しみ/クライスラー
 

ユリニアオーケストラを聴くと何故感動する?
本日台風接近の最中、アルル大人生徒のユリニアオーケストラとアルル合唱団の発表会を
強行しました。入場者数は台風の影響で史上最低でしたが、演奏は史上最高でした。
プロオケよりも生徒オーケストラで感動するのは何故でしょうか。
結局、余力を残しながら仕事として演奏する高度な技術よりも、
全身全霊で120%、140%の力を出して完全燃焼するユリニアオーケストラの気迫は
世界最高峰なのです。来年もやります。楽しみしていてください。(2014.10,13星名)

鉄腕アトムになりました
フライボード 
夏も終わりに近づきました。先日、葉山から逗子まで探検に行き、
鉄腕アトムのようにフライボードで空を飛んで来ました。アドレナリン全開保証します。
次の人は危険。
高い所から水に飛び込んだ経験がない人、潜水で10メートル位泳いだ経験がない人。
水着は紐で固定できる物が良い。落下の時に脱げる可能性あり。
初心者は空中から予期せぬ姿勢で落下し激しく水面に叩きつけられます。
全身を鞭で打たれたようになります。当然痛い!!テレビ番組で、ある国ではうつ病の治療に鞭打ちを
するというのを見たことがあります。日本のように鬱患者に大量の薬を投与し、多額の薬代を使って
もらって、最後は発作的に・・・・してしまうより、鞭打ち治療の方が遥かに理にかなって健康的です。
(アドレナリンが出て生きる事に貪欲になるから)
私は大量のアドレナリンが出て、なお且つ、水流と闘い激しく筋肉を使ったせいか、翌日ビックリした
事が起きました。一晩で髭が激しく伸びたのです。危険に直面すると生存本能が働き成長ホルモンが
出ると言うのは本当のようです。・・・願望の鬱患者も目の前にオオカミが現れたらびっくりして一目散に
逃げるのではないでしょうか。アドレナリン効果です。
今度の日曜試してみては。逗子海岸南側でやってます。星名 2014・8・26


ブラームス作曲ピアノ四重奏曲 第1番第4楽章
この曲は、フランス映画「仕立て屋の恋」という、中年男の哀れな片思いの
ストーリーの中で、心理描写のバックミュージックとして使われ有名になりました。
クラッシクファンでなくてもジーンとくるフレーズが多数登場します。
胸が詰まるよな切ないイメージを感じて頂けるでしょうか?



プーランク作曲
オーボエ、ファゴット、ピアノの三重奏より第1楽章
2013年講師コンサートより

上記の写真はリハーサルの時の写真ですが、本番では野入り先生が譜面台で隠れています。
本当は第2楽章も演奏しているのですが、昨年、慣れない動画編集で深夜に悪戦苦闘している時に、
拍手の音で、慌てて切ってしまったのです。曲を知らない人達が楽章の途中で拍手してしまったのを思い出しました。
第2楽章は、かなり遅くなりますが、いずれデータを探して公開します。星名

講師コンサートが終わりました
2014年の夏のコンサートが無事終わり、5日目にしてやっと放心状態から復活しました。
昨年は何故か、「生徒さんが弾くんですか、凄いですね」と、散々言われて、今年はチラシのイメージを
工夫しました。来場して頂いた方々には感動して頂いたのですが、動員が課題です。
動画の公開ですが、まだ上記の通り、昨年分が残っている状態です。
歌などは、詩の内容を探求すると膨大な時間がかかりますが、器楽曲は余計な編集が出来ないので
却って簡単に編集できます。それより、その後、HPの各ページに情報を編集するのに時間がかかります。
頑張ります。星名

ウクレレ、シャンソン
今までのアルルのイメージと違う、ウクレレ、シャンソンの講座を始めました。
興味がある方は、体験参加をしてください。


始まりました0歳からのアルル音楽レッスン
ベビーリトミック

新しいスタジオ用のピアノの選定をしてきました
静岡県の掛川まで行って来ました。3台用意してくれます。時間は2時間半も
くれたのですが、私の選定は5分で完了します。響板を見ればすぐ分かるからです。
弾く必要はありません。もちろん音は出しますが、響板を見て予想したのと全く同じ結果です。
今まで外れたことは一度もありません。残念ながらベストのピアノはありませんでした。
低音が良い、中音が良い、高音が良いと、分かれました。中音を優先して中音が良いピアノにしました。
面白かったのは、上記の順に左からピアノが置いてありました。
技術者が冗談でその通りに並べたのかなと思った程です。
楽器を見ただけで良し悪しを判断できるのは弦楽器です(ピアノも響板に弦を張った弦楽器です)。
金属の管楽器は見ても分かりません。木のように見て分かる木目がないからです。
(2014年4月23日 星名)


リベルタンゴ・サックス独奏

田辺先生の演奏です
外国の歌の曲は、哲学的、宗教的表現、習慣の違い、その他比喩の入り混じった
難解な歌詞の解釈と解説にとても長時間かかります。
しかし、器楽曲は解釈というのがないので、その分簡単に編集できます。
2曲連続のUPです。お楽しみください。


クラリネット独奏・ガーシュインメドレー

久しぶりに動画を編集しました

 
佐村河内ネタをちょっと・・
世間の扱いは佐村河内さんを悪者一色にしていますが、私は個人的にはそうは
感じないんです。理由は簡単。彼がいなければ今話題になっている幾つかの名曲は
誕生しなかった、と言う事です。クラシックのしかも日本人の新作が世に認められる、
世界でも話題になるというのは殆ど例がありません。
それを成し得たのは佐村河内さんの功績なのに、という発想です。
悪い部分だけを責め立てないで、功績も認めてあげればいいのにと思っています。
新垣さんは優れた作曲家でしょうけど、佐村河内という触媒がなければ燃えなかった可能性が
高いわけです。

新垣ネタをちょっと・・
彼は伴奏ピアニストとして数年前にアルルの発表会に参加したそうです。
先生に言われて思い出しました。影がうすく、オジサンなんだか、中年なんだか、年齢不詳のひ弱な男性だった
と覚えています。それと、アルルの先生が桐朋の入試の時に隣に座ったそうです。
曲の聴き取り能力非常に秀でていたそうです。(星名 2014、3.13)
 

宝石の歌/ファウストより
シャルル・グノー
宝石の歌ですが、何も知らずに聴いていると海野先生のしぐさが理解出来ません。
ストーリーの解説を入れたので楽しめると思います。

先日海で泳ぎましたが、20年余りの寒中水泳の経験の中で異常な水温の低さでした。
余りの冷たさに早々にあがりました。昨年夏はお風呂の様な暖かさで・・・、
地球はおかしくなっているようです。(星名)


タイムトゥセイグッバイ(共に旅立とう)
この曲の編集はとても苦労しました。
二人の門出の歌なのに、英訳は上記の通り。イタリア語が分からない私は当然、別離の歌だと思っていました。
何点かの訳詞を見ると、意味深な抽象的な難解な表現ばかり。本来、語学が堪能な人が訳せば同じ意味、
表現になるはずなのに訳す人によって全員異なる。(だから外交は難しい・・脱線した)
例えばユーミンの飛行機雲。あの子の命は飛行機雲・・ と3回歌うが、あの子は死んだのか、自殺か病死か
作詞者本人は答えない。どうやら、詞というものは各人各様のイマジネーションが膨らむようにあえてぼかして作るようだ。 
旅立つ時は誰かにさよならを言う。それは見送ってくれる人に対してか、それとも結婚と言う第二の人生の出発に
当たって、今までの自分に訣別するさよならか。実際に、結婚する前に以前付き合っていた人の写真を捨てたりする。
詩の流れからするどうも、そういうさよならではなさそうなので、99%の日本人が知らないグッバイの本当の
意味を元にストーリーを作りました。(2月14日 星名)



2014年がスタートしました
写真は正月に住んでいるマンションから撮影しました。
白い三角のビルは中野サンプラザです。

午年の幕が開けました。午は馬とされています。馬と聞いてどんな事が思い浮かぶでしょうか。
実は馬が登場することわざはとても多く、動物の中でトップクラスのようです。
それだけ人と親しい存在なのでしょうね。昔の戦は馬が戦力になっていたように、
馬は交通の足でもありました。農耕でも活躍しましたし、エンジンの力を今でも馬力と言います。
最近でも、まだ自動車が殆どない時代は馬が物流の主役でした。実際に私の幼児期は、
大通りは車が走っていなくて、荷物を満載した大八車を馬が引っ張っていました。
当然、馬の落し物が大通りに転がっているのが日常の風景でした。
この話をすると信用しない人が多いです。確かにタイムマシンの世界の様ですが、
かなり最近の東京の本当の話です。


ところで、馬で誰でも連想するのは「走る」という事ではないでしょうか。
何でも、千里?も走るそうです。それと馬の身体的特徴として視野がとても広いそうです。
自分の周囲は殆ど全部見えているのですが、自分の体の真後ろだけは見えないそうです。
わかります?過去は見ない。常に未来だけを見て走り続ける。だから馬は千里も走れるのでしょう。

「馬耳東風」「馬の耳に念仏」という諺は馬を評価していないような表現ですが、解釈を変えれば
「雑念に惑わされない」「自分の信念を曲げない」と馬のひた向きな生き方を現しているとも解釈できます。

2014年は馬を見習ってひた走りましょう!   星名

トップページを更新しました
1ヶ月あったのに動画が作れなくてスミマセン、意外と時間が作れなくて。
その代わり、何年も気になっていたトップページをシンプルに作り直しました。
1月は動画を追加します。
トップページの下に、生徒さんと先生のフェースブックの書き込みを
拝借しました。結構面白いので読んでください。(星名12月29日2013) 


魔法使いサリー (11,28.2013 星名)
サリーちゃんを懐かしく覚えているのはどの年代なのかな。再放送が長かったので
40代の人でしょうか。いずれにしろ、魔法少女アニメの元祖です。
アニメが不思議と純クラシック音楽かと思う様な深い内省を持った音楽になっています。
お聴きください。


ふるさとの四季(唱歌メドレーです)(11.24.2013)
1ヶ月以上間が開いてしまいましたが、ようやく次の動画を作成しました。
被害者・加害者?先日、深夜に女の悲鳴、かなり強烈、正義感の強い私はマンションんの10階から
下へおりました。心配そうな顔で立っている若い女性。向こうの歩道に男が二人、一人は歩道に倒れてうずくまる。
パトカーが来ると逃げ出したもう一人の男。逃げ出した男は取り押さえられる。
はて、誰が加害者で誰が被害者でしょうか。駆けつけたパトカー4台と自転車1台。十数人の署員。
駆けつけた警察官は誰も事情を把握していない。事件現場というのは難しいというのがよく分かりました。
好奇心旺盛な私は事情聴取を開始。上記の女性は被害者ではなく目撃者で通報者。悲鳴をあげた
女性は現場にはいない。悲鳴を聞き助けに入ったのが逃げ出した男性。歩道に倒れていたのが、止めに入った
男性に暴力を振るった加害者の男性。倒れていた男は泥酔状態。女の子の名前を呼んでいる。
悲鳴の主と倒れていた男が交友関係があったかどうかは不明。悲鳴の主は立ち去っていない。
助けに入った男性は事件に巻き込まれた様子。難しいですね。
私の証言が少しは役に立ったか、その男性は誤認逮捕は免れた。


大失敗
10月の計5日の発表会も(ジャズ1日、クラシックアンサンブル4日)無事終了しました。
しかし、今回は皆さんに去年のプログラムを配ってしまっていた事にはたと気がつき、
「しまった、どうしよう」日付も会場も違うし、でも、曜日と日にちが合わないから気がついて
くれるかなあ・・と冷や汗ぐっしょりとなり焦りまくったら、目が覚めて夢と気がつき、その時の
安堵感は例えようもありません。
でも、現実のポカもありました。公共ホールは譜面台がありますが、星陵会館は譜面台がありません。
この時は夢ではなく本当に焦りました。譜面台を持って来るのを忘れてしまったのです。
幸いビデオのセッティングは終わっていて、開始までに1時間程あったので取りに引き返したのですが、
車を運転していて何十回も通っている道が、今どの辺を走っているのか分からなくなったりして危なかったです。
と、まあ、責任者としては自分が演奏する訳でもないのに、無言のプレッシャーは
大きく、全ての日程が終わった時には、神経がコリコリに固まっている事に気がつきます。
27日の夜は葉山で一人で未明までビール。
28日は近くのお気に入りの湯楽の里でサウナと寝湯で神経をほぐしました。(2013.10.29 星名)


ソプラノ小宮知子
 
日曜日は丸一日の編集で疲れ果てて、一般の人が目にしない管理画面にリンクを
つけてしまい、迷惑をかけました。今回は視聴できます。
この歌はとても難しく哲学的で、キリスト教の宗教感が入っています。仏教の輪廻転生の
イメージも入っている気がします。そこで、キリスト教の復活と仏教の輪廻転生のイメージを
場面転換で表しました。いずれにしろ、仲間から疎まれたまま死を迎える老女が、「私に触って」では
鬼ごっこで遊んでいるみたいなので、「手を差し伸べて」と表現しました。
英語の詩には入っていない「私を抱いて」という日本語の詩が作られていますが、これは恋愛感情を歌った
歌ではありませんので、誤解しないように聴いてください。
実際のストーリーは、老女が歌い終えた後、歌を聞いていた子供のシラバブが駆け寄り老女の手を取ります。
老女は天に召され、命は幼いシラバブに託されていきます。
動画ではそこまで書けませんでしたが、最後の小宮先生の熱唱を改めてお聴きください。ジーンとくるはずです。

詩の解釈は自由ですし、孤独と挫折から希望へ、という思いを歌っていると思いますが、
その希望を委ねるのが、明日なのか、天国なのか、若い人は明日と解釈するし、晩年になると天国をイメージします。
星名 10月1日

くるみ割り人形 トレパーク

ピアノ連弾
トゥナイトから2週間、新しい曲を公開しませんでしたが、その間は第一に公開した曲の
上位表示対策をしていました。その甲斐あって「アルルの女」はアルルの女で(ユーチューブ内で)検索すると
上位に表示されるようになりました。現在、「愛の夢」「チュールダッシュ」「ストレートノーチェイサー」
「アメージンググレース」も上位に出ています。「トゥナイト」と「星に願いを」はさすがに有名過ぎて、ポピュラー曲
での上位は難しくて苦戦しています。トゥナイトはホルンをつける、星に願いをはオーボエをつければ出ますが・・・
それと、アルルのホームページを「アルル」で検索して出る対策をしていました。
現在、グーグル等で、アルルで検索するとトップページの下位に出ます。アルルのHPを呼び出す時は
お気に入りにしないで、「アルル」で検索して呼び出してください。
それと、アップした曲のHPへの埋め込み編集をしていました。この掲示板のように単純に上に新しい事を
ブログのように並べるのは簡単ですが、楽器のページに埋め込む場合は、一枚の写真を埋め込むだけで
玉突き状に、あっちこっち全てをいじり始めると、とてつもない時間を食います。改めて感じましたが
動画ソフトよりHPビルダーの方が難しい・・
この夏、動画ソフトと悪戦苦闘したおかげで脳が鍛えられて、HPビルダーも今まで気がつかなかった
操作を色々と思いつくようになってとてもやり易くなりました。
ちなみに、オーボエのページを一新しました。(星名 2013・9・28)

 

星に願いを  

オーボエ独奏

四苦八苦しながら動画編集をやっています。
とうとう、外へ出ると、向こうから一人歩いてくると、3人位に見えます。
先日、イラストレーター(チラシ、雑誌のページ等を自由に編集するソフト)のプロと、
ホームページ制作のプロと3人で打ち合わせをしました。
そしたら、イラストレーターの人はHPにチャレンジしたが難しくて・・と言って、
HPのプロはイラストレーターがどうしてもうまく出来ない・・・と言っていました。
私のような素人からすると、パソコンのプロなら何でも出来そうに感じますがそうではないようです。
考えてみれば、バイオリンのプロがチェロを弾けるはずがなく、当たり前ですよね。
動画ソフトとホームページビルダーやワード等のソフトと比較すると、動画ソフトは4次元で時間の経過
というのが加わりますので、平面の編集にはないややこしい事が色々と起きます。
また、いちいち再生を繰り返しながらの作業になりますので、時間もとてもかかります。
だから、世間の殆どの音楽動画の投稿は編集の手を加えず、ただ投稿しているだけのようです。
私は、あっちこっちクリックしている内に色々な発見をして、色々やっています。(星名 2013.9.15)

ストレートノーチェイサー

クラシックのイメージが強いアルルですがジャズもやっています。

本日、健康法を発見しました。起きて顔を洗ったら、即、外へ出て20分程歩くだけです。
同じ歩くのでも、起きて、シャワーを浴びて、食事をして、コーヒーを飲んで、それからでは駄目なのです。
起きて、即効歩きます。
夜もそうで、寝る直前に、深夜の住宅地を猫に警戒されながら歩き回ります。夜はゆっくり歩きます。
簡単なので試してください。猫は比喩ではなく、本物の猫です。私は地域の猫と戦線状態にある。(星名 2013・9・14)

ピアノ独奏動画

愛の夢(リスト)


今、世間はオリンピックで浮かれ出していますが、目白の風は厳しいようです。
サーティワンが蛻の殻になっていました。(アルルの生徒さんは知らない人が多いですが、
アルルを出て右へ行くとサーティワンがありました)
目白で希少な大規模レストラン、ロイヤルホストがもうすぐ灯を消します。
目白の一等地の店舗が消えると、そこに時代を反映して、ドコモ、au、ソフトバンクがオープンしました。
次はどんな業種が入るのでしょうか?

バイオリン演奏動画

 
チャールダッシュ


これから毎週動画を作ります。慣れればともかく、昨夜は深夜にソフトが反乱を起こして強制終了!!
?時間の努力が消えました。今回は、最後に謎の信号音と管理画面では見えなかった文字が0.1秒ほど
残っていました。目の良い人は何と書いてあったのか読んでください。

アルル内でオリンピック招致成功の感想を10人位に聞いたところ
喜んでいる人は極少数で、大半は関心がないという返答でした。
やはり、音楽と筋肉は別な物なのかもしれません。
テレビと新聞は大はしゃぎですが・・・
オリンピックというより、その準備を実体験した私としては、これを機に東京と日本が良くなることを
期待します。前回のオリンピック前は東京のトイレは溜め込み式でしたが、オリンピックの為に下水道が
整備されて水洗になり、東京から溝(どぶ)が消えました。又、新幹線、他、画期的な事が多数ありました。
当時の地球は白人中心の世界でした。又、当時の日本人の身長は今の若者より10センチ以上
低く、東洋が西洋を驚かせたのが東京オリンピックでした。
それまでは安かろう悪かろうだったMade in Japanが信頼の証しへと変化したのが東京オリンピックでした。
とにかくこれから7年間の良い変化を期待します。
近隣では、日本が、又、戦争を始めるのでは?と本気で警戒している人も多くいます。
そういう人達は東京にオリンピックが決まり、喜びはしないが、安堵しているようです。
オリンピックの目的は平和だったと思います。(2013・9・11星名)


今夜は眠れます・1年越しの公約達成
  
昨年の講師コンサートを公開すると言ってから1年経ちましたが、
7月から映像教室に通ってやっと達成です。
まず、他の人達の投稿に比べて画面が圧倒的に綺麗です。
又、些細な事ですが、拍手の音を徐々に絞って終わるとか、
他の人達がやっていない細かい技を仕込んであります。
昨夜はアップロードに3回失敗。おかげで昨夜は眠れませんでした。
今日はぐっすり眠ります。9月から続々とアップします。(星名 2013・8・29)
 
アルルの女・アルル音楽教室講師コンサート
 

夏休みはどのように過ごしましたか
私は、7月にせっかく学んだ映像ソフトの練習をする時間がなかったので、このお盆は毎日パソコンと睨めっこ
していました。新しいソフトは思わぬことが続出し、学んだからと言ってスイスイは出来ませんが、
出来ると何だこんな簡単なのかという面もあります。
結局はクリックを繰り返すだけで、後はソフトが勝手にやってくれるんですけどね。
毎日1回は海で泳いだり、シュノーケリングをしましたが、今年の水温は異常に生ぬるくて、そのせいだと思うのですが
クラゲが殆ど出ませんでした。クラゲも涼しい所へ移動したのでしょうか?
9月には、先日のサマーコンサートの幾つかをネットで紹介出来ますので待っていてください。
(星名 2013.8.21)


タイムトゥーセイグッバイ
サマーコンサートで歌われたこの曲を、司会者が誤って、「恋人が別れを告げる歌」のような
解説をしてしまいましたが、全く違います。
これは、恋人が手と手を取り合って共に新しい世界へと旅立つ時に一緒に歌う歌です。
元はイタリアの歌ですが、イタリア語の元題は「君と共に、旅立つ」です。
グッバイを日本人の感性で解釈するとおかしな事になるのでしょうね。
私は飛行機で外国へ行く時に、途中、給油でしょうか、空港で休憩がありました。
機外へ一度出る事になったのですが、その時に、外国人のスチュワーデスが日本人の私に
「サヨナラ」と言って手をふりました。私は非常に焦りました。機内に身の回りの手荷物を置いたまです。
私を置いて飛行機は離陸してしまうのか!!!しかし、言葉が出来ないので質問も出来ずとにかく焦りました。
グッバイ、さよなら、のたった一言でも、深い意味合いが分からないと、とんでもないことになります。
ちなみにグッバイの本来の意味、使い方は、大事な人の無事を祈り「神のご加護があるように」だそうです。
あのスチュアーデスも「さよなら」で日本人の私が何故焦ったのかを理解するのは難しいでしょうね。
言葉は奥が深いようです。(星名 2013・8・15)



アルル講師コンサートが無事終了しました。
「ジャズの次は何とベートーベン」当日の司会の言葉がやけに耳に残っています。
確かに昼の部は、アニメ、文部省唱歌、ミュージカル、オペラ、ジャズ、
純クラシックは独奏に室内楽にオーケストラまで・・・
これだけ多彩なコンサートはまず例がないでしょうね。
昨年同様に、「特に音楽好きではない友人を連れて来たが、最後まで飽きなかった、
とても楽しかった、来年も是非来たい」という、ありがたいお言葉を頂いています。
とにかく、楽器が変わり音色が変わり、選曲のイメージもがらりと変わるので飽きないですね。
今、映像スクールに通いだしましたので、秋から公開を開始します。(星名2013年8月14日)


小学校の玉入れに参加(星名 5月25日)
一発目は失敗。そこでバスケットのシュートを思い出して、高くジャンプして一番高い
空間から軽く放り投げたら3回連続で籠に入った。次の試練は玉をゲットすること。だんだん玉が
減ってくるので落ちてくる玉を仲間同士で奪いあう事になる。しかし遠慮はしていられない。
ところがその後連続失敗。玉は勢いが付き過ぎて籠の向こうへ飛んでしまう。
理由が分かった。寝起きの体が運動で急に血流が活発になって、筋肉が自分が思う以上に
活動してしまうのだ。脳の指令と体の動きが一致しない。
数発外した後に最後の方でやっと一つ入った。
発表会を思い出した。発表会も気持ちと体が一致しなくなる。
もしかしたら、発表会前も軽く体操をして、気持ちだけでなく体も高ぶらせた方が
(物理的に血流を上げておく方が)良いのかも。
皆さん試してください。私は玉入れの時も研究をしているのです。


発表会が全て無事終了しました。星名
発表会が終わりました。今回、驚いたのは上級者がさらに伸びていることです。初級、中級までは
長いこと頑張っていれば辿り着くものですが、そこから先には越えられない壁があるものです。
そして、上級レベルはアマチュアにとっては最終目標のように思います。
その上級に達した人達が年々さらにレベルアップしています。
初心者は伸びしろが大きいので伸びるのは分かるのですが、上級者がさらに先に進む難しさが
分かるので、多分、皆さん並々ならぬ努力しているのだなあと感心しながら聴いていました。
今から来年が楽しみです
 
発表会1週目が無事終了しました。あと7日間あります。(3月4日・2013)

興味がある方は  メール ☎03(3953)0777 プログラムを送りますので遠慮なくどうぞ。
生徒さんの演奏を聴いていると、生徒さんは先生のコピーになっていくなと、つくづく感じます。
音色が変わりづらいピアノでさえクラス(先生)が変わると音色、発音(鳴らし方)が変わります。
ましてや弦楽器だとまるで音色が変わります。姿勢も変わります。
教室選び、先生との出会いは大事だと思います。
遊び的なレッスンをしている教室もあるようですが1年後は上達するのでしょうか。
やはりアルルみたいに上を目指すレッスンをする教室は必要だなと思いました。

ドリンク剤は飲まないでください(星名)
自分の本番の30分前に、勇気づけに、ドリンク剤を飲んでしまいました。
しかし、後で良く考えたら、ただでさえ緊張して興奮しているのに、空きっ腹に
ドリンク剤を飲んだからさあ大変。興奮の度を越して口の中はカラカラに乾ききって
しまいました。管楽器は口の中が乾くと吹けないのです。口の中で舌と上あごが
さわるとくっ付いて離れなくなってしまう・・・。どうするどうする。
それでも必死で吹きました。
でも、最後のさいご真っ赤になって吹いている時、カメラアシスタントは子供を
撮っていて私を撮っていませんでした。

いよいよ明日から計9日間の発表会です(3月1日、2013)
 ホールに着き準備をしていたら、その日は自分も出番なのにトランペットを
持って来るのを忘れていることに気がつきました。出番は夜なので、そうだ、持って来て
もらおうと家内に電話をしようと思って携帯を開いたらCM動画になっていて操作が出来ない。
番号を押そうにも空では覚えてないし・・、困っている内に夢と気がつき一安心。
人に、「こんな夢を見たんだよ」と話しているのも、それも夢の中でした。
本当に気がついて起きた時はかなり寝坊していました。
皆さんは発表会の夢はみませんか?

今、ホームページをリニューアル中です。声楽ページはアルルの生徒さんも知らない
先生を大勢紹介していますので見てください。


 
2013年の挨拶  
 先週は予想外の雪で葉山から車で帰れなくなりました。結局車を置いて電車で帰りました。
 北の地方では雪は日常で、あの程度の雪なら車は普通に走っているのに東京は困ったものです。
 私は冬は常時雪用のタイヤを装着していますが、高速道路が通行止めでは身動きが出来ない。
 スタッドレスタイヤはゴトゴト車が揺れて乗り心地が悪いですが、発表会が終わるまでは我慢です。
 3月は意外と雪が多いですから。
 数年、ご無沙汰していた練習を再開して、3月の発表会に子供と一緒に出ます。
 相馬先生に出会えて、基礎の基礎のレッスンを受けて、今までの練習方法が間違えていたことに
 気がつきました。一から出直します。 
                          星名(1月20日2013年) 



秋の5日間の発表会が全て終わりました
 以前に、年々上達していく生徒さんの演奏を聴いていて、一体どこまで上手くなるのだろう、
どこかで止まるのか、プロみたいになるのか、と考えていました。
大人から始めて、忙しい生活の中で少し練習する位ですから、進歩の歩はゆっくりですが
止まるということはないですね。おかげで、私は日頃コンサートに行く余裕が(時間的に)あり
ませんが、発表会の席の生徒さんの演奏で数々の名曲を堪能させて頂いています。
 これから、来年3月の独奏発表会の曲決めです。私も数年ぶりに復活することにして、
曲も決めました。
 昨夜は寒くて2回目を覚まして、掛ける物を増やしました。皆さんも用心してください。
                                         (星名・11月6日)


ポピュラー発表会終了しました
秋の発表会シーズンのトップバッターのポピュラー発表会が終了しました。
皆さんの上達ぶりには本当に感心しました。先生の熱心な指導と生徒さんの
仕事そっちのけ?の努力があってこそです。
トランペットのある人が出だしが非常に調子悪そうでしたが、その後回復して
調子を上げていくのには驚きました。トランペットは表情筋を使うため、心理状態が
音に直結してしまい。焦ると崩れていくのですが、そこから立ち直るのは凄いです。
今回は、会場側からマイクと直結の音声ラインを直接カメラに入力したのですが、
良し悪しで、音はクリアーなのですが、迫力が無い。会場で皆さんが聴いていた音は
アンプにより重低音が強調されている、高音を艶やかに色づけされている、そして
「エコー」を人工的に付けている、そういう音を会場で聴いていました。
生音をカメラに直結した音は乾いていて、実は荒が丸聴こえ状態で・・、
DVDを受け取ったら、これが現実かと驚く人もいるかもしれません。
例年の録音方式ですと、私が設置したマイクとマイクアンプにより会場で皆さんが
聴いていた音を録音していますので、会場の雰囲気がそのまま伝わります。
マイクとマイクアンプを設置するのに小1時間かかるので、会場側から音声ラインを
もらうと私としては楽なのですが、皆さんの意見を待ちます。
発表会はこれからまだ4日間あります。
アンサンブル発表会のプログラムも出来ましたので持ち返りください。(星名)

皆さんお元気ですか?元サックス講師の岸田佳久です(8月1日)
今年5月よりブログを始めましたので見ていただけると嬉しいです。 
音楽の話もしてますので皆さんのお役に立てれば幸いです。
  
やっと夢を見ました(星名 7月11日)
2ヶ月振りに夢を見ました。2ヶ月前にホールの空きを見つけて急遽アルル講師による
コンサートを考えてから、振り返ってみると、ずーっと浅い半眠り状態が続き、寝ながら
ずっと考え事をしていて半分意識があるような眠りでした。極一部の人は私の変化に気がつきましたが
殆どの人は気がつきませんでしたが・・。そんな眠りの時は夢も見ないんですね。
夢を見ると言う事は眠れている証拠でもあります。

事前準備、裏方を手伝ってくれた先生はコンサート前に、こんな夢を見たそうです。
『当日、遅刻して慌てて会場に行ったらもう始まっていた。でも客席にお客さんが3人しかいない・・』
実際には500名弱来ましたが。

私が昨夜みた夢は、葉山の御用邸の前の海岸の岩場にいたら、そろそろ満ち潮ですので
あがってくださいと、係りの人に言われた。すると、真っ直ぐに立っている梯子(ジャックと豆の木の感じ)
を男の先生と、ドレスを着てバイオリンと弓を持った先生が梯子を登りはじめた。私が、「誰かバイオリンと
弓を持ってあげて」と叫んだ。夢はそこで終わりましたが、その時、夢が2ヶ月ぶりであることと、高ぶっていた
神経がやっと正常に戻った事に気がつきました。ちなみに、登って行った先生はアルルの特定の誰という
ことはなく、知らない人物でした。しかし、夢の中ではアルルの先生という認識でした。

違うんだって!!(7月7日 星名)
七夕コンサートを終えて夜10時半頃アルルへ戻ったら、受付の留守番を頼んだ
人に、「今日は社長もトランペットを吹いたんですか?」!!!
いつもアルルの受付をしている野浦も生徒さんから何回も「野浦さんもチェロを
弾くんですか?」と尋ねられました。違うんです。この七夕コンサートはアルルの
先生が演奏する有料のコンサートだったんです。あれだけチラシを貼りまくったんですが・・・
本日聴き逃がした方は残念でした。運よく豪雨の中を馳せ参じてくださった生徒さん方には
最高の感動を味わって頂きました。ハッキリ言って、私も長いコンサート鑑賞歴の中で
一番熱くなり、音楽ってこんなに素晴らしいものかと改めて思いました。
小学校低学年のお子さん達も2時間半のコンサートを飽きなかったそうです。
「拍手で手を叩き過ぎて、帰りに手が痛くて、見たら掌が真っ赤になっていた」と、
私に手を見せてくれた人もいました。
インターネット映像ではその生の1万分の1になるかも知れませんが、当日の演奏を
後日お届けします。


9日間の独奏発表会が終わりました。(星名 3月27日2012年)
皆さんこの日に命をかけて臨みました。それは、遣り甲斐を超えて生甲斐に
なっているように感じます。僅かな時間が異常に長く感じられた方もいると思います。
とにかく日常生活では全く無い異常な緊張ですので、1年に一度命の洗濯に良いと
思います。早速、来年の曲を物色してください。
仕事の疲れは白髪になりますが、発表会では毎年気は若くなっていきますから。

私は、いつも発表会が終わると起きられない位疲れるのですが、今回は翌朝も早起き
して東京(駅)までセミナーに出かけて行きました。
疲れ知らずの秘密は石です。アルル内に置いてあるルンナという情報紙で紹介しています。
その石を入れたお風呂に朝晩毎日2回のんびり浸かり、肉体的だけでなく精神的にも
疲れがたまらなくなりました。
ところで、東京駅近くのビルでランチを食べようとしたら1200円から1600円でした。
高いなとパスして、次にお弁当を見つけました。お魚弁当が美味しそうなので、何も考えずに
手に取りレジに持って行ったら950円と言われてビックリ仰天。目白で1000円以上のランチは
無いし、お弁当は500円からです。目白は物価が安い土地ではありませんが、さすが東京の
ど真ん中は高いですね。日頃都心に行かない私にはかなりのショックでした。


オーダーレンタルドレス
ドレスのヨーデル 
曲や、ホールに合わせてドレスを選んでくれる拘りの老舗です。
来年、又は、秋のアンサンブル発表のドレス選びにどうぞ。



虫の知らせ(3月14日 星名 2012年)
先日、数年前に九州へ引っ越してしまったバイオリンの子供の事をしきりと
思い出して、懐かしくてたまりませんでした。どうしているかな、又、会いたいなと
しきりに思っていたら、お母さまから電話がかかってきました。
大人のサイズのバイオリンを購入したいということで親子でアルルへ買いに来てくれました。
当時、3才から4才にかけてアルルに通っていてお人形さんみたいな子でしたが、
今はすっかり大人と同じ身長になっていました。そして、何と、彼女は私の事は覚えて
いませんでした。アルルの階段は覚えている、と言っていましたが、これは、幼児の頃
アルルに通っていた子が、10年、20年経ってアルルを訪ねてくると皆一様に言う事です。
幼児の体格にとってアルルの階段の1段はとても高いですからね。  
実は、私は数年ぶりの人が訪ねて来る時に、2、3日前に急激に、そして強烈にその人を
思い出す事がよくあります。単なる偶然ではないようです・・


発表会は順調です(3月10日、星名)
年々、時間の管理がどのクラスも正確になり、極めて予定通りに進行しています。
生徒さんの上達には本当に敬服します。みんな、仕事よりも音楽が大事なのでは
ないでしょうか・・と言うのは言い過ぎですが、本当に、仕事も忙しいはずなのに
本当に頑張ってくれています。これを読んだ人は是非聴きに来てください。

いよいよ3・11ですが、台風は予め予定出来ますが、震災はある日突然ですので・・・
テレビで何度映像を見てもまだ実感がわきません。それもそのはずだと思いました。
家を流された人が、自分の家の土台の前で「実感が湧かない・・」と、言っていましたから。
あまりにも、ある日突然過ぎたのですね。
「最後だとわかっていたなら」 左をクリック Uチューブにつながります。
詩は日本人ではなくアメリカ人のノーマ コーネット マレック。
直訳の詩ですので直ぐに理解しづらい部分もありますが、最後までどうぞ。


49万アクセス(星名1月22日・2012年)
あの震災から1年が経とうとしています。昨年は日本と世界が大きな曲がり角にさしかかりました。
物質的な豊かさを求める時代は終わり、これからは心の豊かさが見直される時代になります。
電気が無く、蝋燭の時代に創られた音楽で現代の我々は感動します。人の心はいつの時代も
変わらないようですが、むしろ昔の時代の人の方が心は繊細で、感情の起伏は大きかったようです。
物質的豊かさを求めて心を疲弊させる現代の生活をもう一度見直して、これからは心の豊かさを
求めようではありませんか。それには年齢に関係なく子供から大人まで楽しめる音楽が最適です。
是非、音楽の趣味を堪能しましょう。

山手線一周
先日、ある用事で浜松町まで行ったのですが、中止になっていていました。
浜松町に着いた時は丁度昼で、目白の飲食店はどこも食べ飽きていたので浜松町で
飲食店を物色し食べて帰ることにしました。カフェ風の店でカレーランチを食べましたが、
何故かご飯が非常に少なく辛いカレーがたっぷりと残りました。仕方なしに残った辛いカレーだけを
無理に食べて浜松町をあとにしました。行きは新宿周りで行ったので、帰りは上野周りで山手線を
一周して帰ってきました。変な1日でしたが何故か旅行気分でした。

2012年が始まりました(星名1月10日)
年が変わると何か良い事が起りそうな気がします。
皆さんは今年はどんな誓いをたてましたか?
私は、正月は家族サービスで栂池という所にスキーに行きました。
20数年も前に行ったことがあるのですが、当時は長蛇の列でいつ乗れるかわからなかった
ゴンドラや、リフトはガランガランで、乗る人がいないので運休しているリフトが多かったです。
広大なゲレンデは人が少なすぎてまるで貸切状態でした。
もっと驚いたのが、夜、町に出たら人っ子一人歩いていなかった事です。
当時は、まるで原宿のように若者がゾロゾロ歩いていて、色々な店が営業していて、ディスコも
複数ありました。スキーブームが終わったとしても、その代わりにスノウボードが台頭しましたから
若者が来ても良さそうなのですが・・
当時の記憶が昨日の事のように鮮明に脳裏にあるので、まるでタイムマシンに乗って未来の社会を
覗いたような心境になりました。

さて、今年は生徒さんのサイトを紹介します。下記はトランペットの生徒さんのブログです。
トランペットブログ  皆様から情報の提供をお待ちします。

2011年さようなら(星名12月31日)

先日トランペットクラスの忘年会が1階のスタジオでありました。私は1年半ぶりに
闇連を再開して参加させて頂きました。3時間余り飲みながら、食べながら、かわるがわる
皆で吹きまくりました。幹事さんは4ℓ位飲んだのではないでしょうか。色々な楽器でクラスごとの
パーティがあったようですが、写真でもありましたら送ってください。


2011年は誰もが忘れられない年となりました。年末に改めて、津波の映像がテレビで
流されました。人によって大災害のショックは受け止め方がかなり違います。一番精神的に
影響を受けるのは、知人が関係している場合。次が、地理的に距離が近い場合。そして、
三つ目は自分の年齢です。私は、ニュースで、まるで自分の事のように最もダメージを受けた
のは、日航ジャンボ機の時のニュースでした。考えて見ると、当時は私はとても若く、人生これ
からの多感な年齢でした。今回の出来事は、精神活動が旺盛な人ほど激しいショックを受けたと
思います。「前日に母と喧嘩をして、まだ謝らない内に母が流された・・」という高校生が紹介されて
いました。普段の何気ない日常、それが一番幸せなんですね。星名



ホルン竹内先生の演奏、ユーチューブの紹介
http://www.youtube.com/results?search_query=CanoroCorno&oq=CanoroCorno&aq=f&aqi=g1&aql=&gs_sm=e&gs_upl=9764l14178l0l15598l11l11l0l5l5l0l245l985l0.5.1l6l0

上記は安心してクリックして大丈夫です。竹内先生のホルン演奏のユーチューブのページです。
そのページに並んでいるものが竹内先生が投稿した演奏です。
一人で多重録音して、一番多いのは八重奏になっています。
是非、聴いてください。

  
ポピュラー発表会が終わりました(星名 10月7日)
先日の発表会のオーケストラ演奏とうって変わって、今回はライブハウスでのポピュラー発表会でした。

新宿から赤坂のB♭に場所を変えました。会場も広くなり、何と言っても音が良いのにびっくりしました。
生音と区別がつかない状態で自然に拡声されていました。
毎年参加している方が多く皆さんの上達には本当に驚きました。
初心者は最初の2.3年はどんどん進歩しますが、そこから先は進歩が遅くなります。
俗にいう壁、とか、スランプの状態になります。そこを乗り切るのは本人の努力と、それと
仲間の力が大きいと思います。はやり、イベントに参加して、実戦で苦労する事がはやり
上達の坂道を上がるのには一番の薬と思います。
今回参加した方は、早速、来年の曲選びをするとよいですね。


アンサンブル発表会第一弾終わりました(星名 9月25日2011年)
練馬文化センター大ホールにて(24日)ユリニアオーケストラの発表がありました。
発表会と言うより定期演奏会の雰囲気。大阪に転勤した生徒さんも駆けつけてくれました。
子供の部は、小学校低学年もいましたが、幼稚園児が主で、幼稚園児ドラマーに
幼稚園児ギタリストにバイオリン、チェロ。AKB並みのちびっこの歌と踊りもあって最高でした。
近日中に写真を公開します。
大人の部はチャイコフスキーの交響曲第4番とシュトラウスのラデツキー行進曲。
私は、忙しくてなかなか演奏会にも行けない日々を送っていますが、久々に音楽の
奥深さ、聴く喜びを味わいました。ありがとうございます。ユーチューブにでも投稿しようかと
思いながら聴いていました。竹内先生が焦るかも。
今回、面白い事に気がつきました。いつも、相棒に写真を撮らせて、自分はビデオを撮るのですが、
今回は自分で写真を撮りました。すると、写真を撮っていると音楽が聴けない事が分かりました。
つまり、写真って、時間を止める作業なのですね。
シャッターチャンスに集中しているとさっぱり音楽が脳に入って来ない。
ビデオ撮影は音楽に感動しながら撮る事が出来ます。試してみてください。

これから発表会が計5日あります。皆さん聴きにきてください。


アルルのポピュラー発表会のお知らせ
10月1日(土)Bflat(ビーフラット)赤坂  (今までと会場が違います)

ポピュラー発表会はライブハウスで行います。クラシックと違い演奏中の客席の飲食が自由で、
お酒もOKです。教会が出発点のクラシック音楽と違い、ジャズ、ポピュラー音楽はアメリカの
酒場で誕生したという由来があります。語り継がれた話によると、楽譜を買うお金がなかった
当時の黒人が楽譜のない音楽、つまり自由に即興演奏をした、それがジャズの発祥という事に
なっています。白人の音楽を、アフリカから連れて来られて下積みの生活をしていた黒人達が
遠い故郷のリズムと感性を取り入れて、白人とは違う目線で、斜に構えた音楽を作り出しました。
感性の違う我々日本人がジャズに挑戦します。
今回は先生方が大勢加わってビッグバンドも聴けます。是非皆さん聴きに行ってください

パソコン危うし(8月26日星名)
今日のゲリラ豪雨が留守にしていた私の仕事場を襲いました。マンションの10階なのですが
戸を開けていた為部屋の中全体がが水浸しになっていました。机の上も水浸しで、パソコンも
雨に濡れていました。一日中パソコンの作業をしていた為いつもはパソコンを開いているので
すが、たまたま蓋を閉じていました。側面には雨が当たっていましたので、恐る恐るスイッチを
入れたらパソコンは無事生きていました。バルコニーのひさしから計ると5、6メートル中まで雨が
吹き込んでいました。雨と言えども大量になるとバケツで水を撒いた状態で大変です。
考えて見ると津波も水ですが鉄筋コンクリート以外は全て破壊しましたから水は恐ろしいです。
アルル通信、28日から配布します。
ポピュラー発表会の申し込みが締め切りとなります。忘れずに申し込んでください。

48万アクセス(2011年8月18日星名)

暑い毎日が続きますが、昨年の猛暑の体験があるのでまだましなようです。震災後に停電が
始まった時は今年の夏はどうなるのだろうと思いましたが、電力は何とかなって良かったです。
私は自宅(アルルの真向い)を仕事場にしていて、一人なのでエアコンは着けずに裸で仕事を
しています。夜の寝室は34度位あるので寝る時は躊躇せずにエアコンを使っています。しかし
明日の夜から涼しくなるらしい。

夏休みは僅か3日だけで、何処へも行かず葉山の家で海を見ていました。窓から8メートルの
距離で海です。海は本当はロマンチックなのですが、あの震災で海面が10メートルも上がって
押し寄せたというのは想像しても理解できないです。海抜3、4メートルの土地に家が沢山ありま
すが、引っ越しする人は一人もなく皆暮らしています。しかし、別荘地として売り出された土地には
さすがに家を建てる人はいませんでした。海水浴客は少なく淋しかったですね。

原子力の放射能は細菌よりも始末が悪く、恐ろしい。しかし、かつては死を待つしかなかった
エイズも医学の力で抑えられるようになった。放射能もコントロール出来る新しい技術を確立
して欲しいですね。既に、温暖化で世界中に起きている異常気象、洪水、干ばつの死者の事も
考えないと・・世界規模では地球温暖化防止の為に原発は必要とされているわけで、反原発の
発言をしている有名人はまず自宅の屋根にソーラー発電をつけて、自然エネルギーだけの生活を
公開してみせて欲しいですね。そうすれば説得力があると思います。又、雨の日や夜間はどうする
のかも教えて欲しいです。天気の悪い日は実は東電の電力を使って、エアコンも、冷蔵庫も使って
いるというのでは発言に説得力がないです。恩恵を受けながら供給者を悪徳のように言うのは
自分の奥さんが作った飯を不味いと怒っている様なものです。例えが変かな?

アンサンブル発表会のプログラムの原稿は出揃い、もう印刷に回したので今月中にプログラムが
出来ます。ポピュラー発表会は申し込みの締め切りが近づいています。忘れずに申し込んでください。

暑い8月にいつも思う事(8月13日星名)
この時期になると必ず戦争の悲惨さ、原爆の恐ろしさ、戦争の不条理を訴える特集番組が
流されます。しかし、全て被害者の立場でしか歴史を見ていません。何故、加害者の立場で
満州事変真珠湾奇襲攻撃を省みないのでしょうか。いずれも当時の日本の指導者の
覇権欲により人為的に引き起こしたものです。それらが無ければ、東京大空襲も、沖縄戦も、
原爆投下も無かったわけです。実に簡単な論理なのに、頭が良いはずの人達が何故片手落ち
の番組しか作らないのか本当に不思議です。被害にばかりに目を向けていないで、その原因と
なった加害にも目を向けなければいけないと思うのですが何故それをしないのか?
誰か、その理由を知っている人がいらっしゃいましたら教えてください。
本当に戦争を防ぎたいのなら、その原因から探らなければいけないと思います。
私は99%の戦争は友好によって防げると思っています。


(7月18日 星名)
なでしこジャパンが世界制覇した本日、自分で自分のホームページを開いたら
上記のように見事なぞろ目でした。単なる偶然かも知れませんが気分が良いですね。

女子サッカーで、テレビで印象に残ったのは、監督が東京のテレビからの電話インタビューで、
「正直、勝てると思いましたか」という質問に、監督は「負けると思って監督するか!バカ」
と答えた事です。そうですね、どんな偉業も偶然はなく、それを望む強い心から始まるんですね。
別の番組でも「奇跡ですね」という問いかけに監督は「実力です!」と答えていました。
選手の努力は勿論ですが、はやりブレない強いリーダーの存在があればこそと思いました。

今日は久しぶりに大波に揉まれながら泳ぎました。一般の海水浴場が遊泳禁止になっても
葉山の一色は遊泳禁止にならないのです。理由は分かりませんが、一つには、そもそも
泳げない人が来る場所ではなく、通が集まる場所だからかも知れません。実際、みんな
ボードを使わない体だけの波乗りに挑戦していました。



47万アクセス記念(2011年4月29日 星名)
アルルも生徒さんの年齢層が変わりまして、シニア層が増えてきましたので、最近の
アルルの夜の練習室はかなり空いています。生徒さんはどんどん練習にきてください。
アルルで目白プロムナードという地域情報紙を発行してしますが、その中で映画情報の
原稿をピアノの生徒さんの岡山さんが寄稿していてくれています。
今回はその原稿を特別に紹介します。

発表会も残り2日となりました。(星名 3月25日記)
先日の三連休は、関西方面に疎開していたお子さんたちも発表会の為に戻ってきて、
バイオリン、ピアノの子供の部はおじいちゃん、おばあちゃんも大勢聴きにきてくれて
とても嬉しかったです。又、19日土曜の午前中はピアノの調整の時間に空けてあった
のですが、12日(土)に来れなかったお子さん10名と、大人4名が来て演奏してくれました。
11日金曜の夜自宅に帰らずにアルルまで2時間歩いてきてアルルに泊まり(練習して)
発表会に参加した方がいました。私はそういう人が一人でもいる限り、2時間前から
アンプ、カメラ類を準備しホールで待っています。
残り二日間も是非聴きにきてください。


震災について(星名)
今回の私の行動を不可解に思っている方も多いようで、ざっとドキュメントにします。
11日(金)昼過ぎに発車10秒前の逗子発電車に乗り込み東京に向かう途中
電車が南大井の手前で緊急停止し、1時間余り車内にいました。
線路が高台に位置し、町が良く見えましたが、町の様子は誰ひとり家から出てくる
人がいなくて、窓を開けて外を確認する人もおらず、時々通る、バイク、自転車も
普通でした。結局線路に降ろされて、商店街とか通って来ましたが買い物のおばさん
とか全く普通の状況でした。夕方、運よくタクシーに乗り、夜戻りました。
それから、ホールと電話で話をし、ホールの事務所で物の落下、転倒が無く
ホール側は全く問題ないことを確認し、地下鉄、私鉄が徐々に動き始めた事もあり、
カメラ、ビデオ関係の準備、確認を済ませ、翌日の為に睡眠薬を飲んで寝ました。
後で分かり、推測すると、地域の地盤の関係で揺れの影響が全く違うようです。
当日の夜はアルルのスタッフとは擦れ違いで話を聞いていませんでした。
後になって、色々な人からその時の話を聞き驚いた次第です。
結局、土日は発表会は行いました。土曜はクラスや時間帯により状況は違いましたが
ほぼ全員参加したクラスもあり、日曜はお客さんも大勢見えていつも通りでした。
しかし、浦島状態だった私は大勢の人から話を聞くにつけ、胃が痛くなりました。
そして、発表会終了後悲惨な映像を見て落ち込んだ私は、メールは確認せず、携帯に
出る気にもなれず、ずっと籠っていました。もちろんアルルに顔を出した時は普通に装って
いますが、何かの時にすぐかっとなるのは弱い部分の裏返しです。
私はホールに不安があれば別ですが、そうでなければ、その日の為に半年、人によっては
1年間情熱を注いだ方々の為に発表会は、可能な限り行うべきと考えています。


津波の被害に遭われ全てを失った方が、命があっただけでありがたい、と感謝していたり、
家族と連絡が取れないと不安にしている人、壊滅の我が家の前で家族生存の僅かな希望も
失った人、そして、何も語る事もなく、今も海の中にいる人。
全てが、映画の名作ではなく現実として、私たちに、命や家族の絆について教えてくれました。

今、遠く離れた我々に出来る事は、個人からの物資送付は仕訳配送の都合でお断りという
事ですので、やはり募金という事になると思います。一日2ドルで生活している国でも日本の
被災者の為に募金をしているそうです。関係がギクシャクしていた国からも救援隊が来たり
大量の物資が届いているそうです。アルルでも始めますが送付先は赤十字にします。
尚、今後、街頭で募金が始まると思いますが、安易に寄付を行わないでください。黒幕が人を雇って
募金を装って儲けているからです。目白駅前でも以前に難病の子供の為にと変な輩が大勢
いました。本物かどうか見分けるのは簡単です。目が真剣か、魚の目のように無表情かで
見分けがつきます。
又、電力使用を抑える事は比較的簡単に出来ます。重ね着や、ひざ掛けを使うと
暖房を省略しても意外と何とかなります。
又、日本人の器が世界から注視されています。
風評に踊らされて買占め、その他過剰反応をしないようにしたいものです。

このHPを政治には使いたくないのですが、この地震、津波を「天罰だ!」と決めつけた人が、又もや
都知事に立候補するようです。絶対に票を入れて欲しくないと思います。
北朝鮮の金正日でさえそんな事は言ってないはずです。

最後に、
パソコンがあるトラブルで、HPの編集が出来ず、修復の為人に預けていて
昨夜パソコンが戻ってきた為、情報を出す事が出来ませんでした。

46万アクセス記念(12月18日 星名)
30年ぶり位の長期休暇を取りまして、暫く中国へ行っていました。とにかく北京が
寒くて川が凍りついていました。おかげで東京の寒波は全く寒く感じません。
日本に戻ってから暫く葉山にいましたので、すっかり暢気になってしまいました。
おかげで、何故か耳が良くなり、高い周波数が良く聞こえるようになり、ステレオが
グレードアップしたような感じです。私は自営という人生の選択をした為、休暇が取れず
外国旅行はせずにいましたが、やはり違う世界を体験する事はいい事ですね。
日本の良さも分かりますし、日本の日常が新鮮に感じます。


世間が騒がしい(星名 2010年9月25日
日本人の多くの人は近年の歴史に疎く、国の方針としても子供達に教えてこなかった。
その結果として隣人との付き合い方が下手な気がする。
人々の被害感情は100年経っても消えないものです。現に、日本人は原爆被害については
自分達を悲劇の主人公にして毎年儀式を行うが、真珠湾を奇襲攻撃して休暇を楽しんでいた
人々をある日突然大量殺戮を行った事については日本は反省の意思表明も儀式も何も行わないし、
殆どの人はその日付けも知らない。
素足を靴で踏まれたら、踏まれた方は悲鳴をあげ、涙を零すが、踏んだ方は痛くも痒くもない。
そういう立場の違いを理解しないと隣人と大人の付き合いは出来ない。
9月という月が、日本が隣人に強盗の如く侵略と殺戮を開始した、彼らにとって忘れられない
屈辱の記念月である事を日本の政治家の何人が認識しているのでしょうか。

『尖閣諸島にこれから引っ越します。私は一生あの島で暮らしますという人の意見は
傾聴に値するが、日本に1億人以上の人がいて誰か一人でも行く人はいるんでしょうか。
行動で示す事が出来ない人の意見は何処まで重みがあるのでしょうか。
強硬な意見の持ち主は是非引っ越して永住し、日本の為に実績を作って欲しいですね。
それとも私がカヌーで行って自給自足の暮らしをしてみようかな。
ストレスも無くなり、わかめを食べて白髪が黒くなれば良いかも。
但し、定期船を運航し、毎日ビールとつまみを届けることが条件です。
それと、どんなに大きな音を出しても文句を言う人は一人もいませんので
音の問題で困っている人に引越しをお勧めします。


私の夏休みの紹介(星名)
信じられない猛暑がやっと終わり過ごしやすくなってきました。皆様は夏はどのように
過ごされたでしょうか。秋の発表会に出る方々は猛練習の日々だったと思います。
私はリゾート地のような所に住んでいる為、もう20年間夏休みは何処へも行っていません。
この夏、生徒さんが遊びに来まして、写真を撮ってくれたので紹介します。
カヌーが転覆しているのは、わざと転覆して最乗艇の練習をしているところです。
他は、行きつけのクラブでの食事風景、カヌーで食事に行きました。
他は、私の住居の屋上、バーベキューの様子です。




45万アクセス記念(星名  2010年8月31日)
先日アルル1階のスタジオで、前半がクラシック、後半がジャズという盛りだくさんの
コンサートを開催しました。 写真を公開しますので 
ここをクリック してください。
最近の写真はフラッシュを使わずに撮っています。しかも一番後ろから望遠で撮り
ましたので画質に無理があるのですがご勘弁を。

45万アクセスになりましたが、このところ訪問件数が減っています。私が書き込みを
サボっている事に原因があるようです。
今年の暑さは暑さに強い私もけっこう参っています。ニュースで発表している気温は
芝生の上の日陰で測っていると聞いた記憶があります。つまり車が多く、又、エアコンの
室外機の熱風が出ている表通りは気象庁の発表よりも数度高いわけですから、もう
軽く40度を超えているはずです。宅配の人とか一日中制服を着て、しかも小走りに走って
いますし、セールスマンらしき人はネクタイに背広の上着を着て歩いていたりします。
見ている方が暑くなってしまいますが、慣れると平気なのでしょうか。
夏が好きな私ですが、去り行く夏を惜しむ気持ちより早く涼しくなるのを祈る気持ちです。

パーティ終了
おかげ様で100人も集まって頂き、4時間余りぶっ通しでのイベントでしたが、飽きて
帰る人もなく、皆さんから、面白かったと言って頂けました。近日中に、当日の写真を
UPしたいと思います。しかし、イベントというのは、本当に大勢の人の協力があって
成り立つものだとしみじみ感じました。ありがとうございます。
関西方面から、新幹線や夜行バスで駆けつけてくれた人もいて、本当に感激の1日でした。


7月10日のパーティについて

当日はみんなで飲みながら歓談して、気が向いた人に演奏してもらう・・という
企画だったのですが、演奏希望の人が多い事が分かり、既に時間枠をオーバーして
いることがわかりました。発表会ではないので、申し訳ないのですが何人かの方には
お断わりをする事になりました。従って、こっそり練習している方、当日の飛び入り演奏は
難しいのでご承知おきください。
今回は、司会がサークル会長の岡山さんです。又、演奏ジャンルも、クラシックからジャズ、
アニメ、歌謡曲と多彩で、飲み放題食べ放題という企画です。
成功したら、又、定例会にしようか・・という意見もありますが、今回の金額では二度と
出来ませんので、今回は参加したほうが得です。
受付にてパーティ券を販売しています。
12時15分スタートで4時半まで、前半がクラシック系で、 後半がポピュラー系です。


トランペット・トロンボーン・ユーフォニアム・ピアノおさらい会
5月にアルル1Fスタジオでおさらい会がありました。先生方が各グループの為に
編曲をしてくれまして、伴奏もピアノの生徒さんです。特に金管演奏はしっかりと
息を吸わないといけませんので声楽同様にメトロノーム通りの演奏はしていません。
ピアノの方もフレーズごとに息を吸ったり吐いたり・・。
今回は、1パート1人の演奏でしたので失敗は許されず、おさらい会と言えども
真剣勝負でした。赤系のシャツを着ているのが私(星名)です。
ちなみに写真撮影は私の妻が担当しました。打ち上げ写真、上段の右から
2番目の写真の中で一番右の白い服です。
最後に講師演奏があり拍手が鳴り止みませんでした。
ここをクリックして見てください。
残念ながらピアノの生徒さんは陰に隠れて全く写っていません。
参加クラスは、トランペット松原先生、岩田先生、トロンボーン石川先生、ピアノ住吉先生です。


アルル大パーティ ・ パーティ券を購入してください
7月10日(土)SOMEDAYにて昼の12時半から飲み放題、食べ放題で
演奏も自由参加できるパーテイを行います。参加方法が分からないという意見が多かった
のですが、発表会ではないので申込用紙はありません。受付でパーティ券を発売中です。
パーティ券を購入する事が申し込みになります。
当初、12:30~とだけ書いたら、夜から朝までと思った方もいたようですが、昼から夕方までです。
転勤、結婚で全国に散った元生徒さんも是非参加してください。サークル岡山会長も参加します。
当日、会場でもチケットは購入出来ます。星名までメールをください

ところで、本日はサックス高橋クラスのコンパの写真を入れ替えました。
気がついてみたら白鳥クラス時代の写真が使われていました。



おさらい会報告

5月21日にアルルのスタジオでおさらい会を開きました。
今回は、サックス、クラリネット、ファゴット、トランペット、声楽、チェロ、ピアノ、ハープと
今まで一番楽器の種類の多い参加となりました。打ち上げも盛り上がりまして、次回が
楽しみです。伴奏も生徒同士で行いますので、気楽で楽しいです。
写真のページがまだ、編集の途中ですが、一足先にアップします。
ここをクリック 


44万アクセス(星名 5月7日2010年)
既に2000件超過していますが、記念投稿です。
日本は少子化問題を抱えていますが、アルルではおめでたが続出しています。
音楽が好きな子が生まれますように。
先日、オーケストラという映画を観てきました。駄目オーケストラを指揮者が立て直す・・と
知人に聞いたので、リハーサルシーンを楽しみにしていたのですが、聞いた話とかなり違って
いてリハーサルシーンはありませんでした。話の味噌は、30年前に天才ヴァイオリニストが
使用した赤ペンの書き込みのある譜面でした。その譜面を見つめるバイオリニスト・・その辺りは
台詞も無いので、楽器を演奏する人しか理解出来ないのですが、あの場面にとても意味があります。
結局、コンサートでバイオリニストは30年前のバイオリニストの演奏を再現してみせ、オケの団員に
30年前の記憶を蘇らせます。この辺のポイントは映画配給会社も宣伝会社も本質を理解していない
ようです。しかし、映画は純粋に楽しめますのでどうぞ。クラシック音楽と他のジャンルの音楽の
対比も非常に興味深いです。ここをクリックコンサート



15年の別れ(星名 4月13日)
別れと言っても人ではなく車です。丁度15年乗って27万キロ走りました。
地球何周分でしょうか。整備が万端で、まだ無限に走りそうな感じですが、
ディーゼル規制の法律は一律なので・・
車に引取りのチラシが挟んであったので、引き取り依頼の電話をかけました、
結局取りに来たのはスリランカの人が二人で来ました。流暢な日本語でした。2万円なり。
最後に小ドライブと思っていたのですが、当日は真冬のような気温でおまけに雨。
生徒さんにもあの車に乗った方は大勢います。物とは言え別れは寂しいものです。

最近、発表会のお土産が、かさの小さい物、軽い物に変わっているのに気がついた
方はいますか、それは車が小さくなったからです。

発表会が終わりました
(星名 3月30日2010年)
9日間の発表会が終わりました。今年は、又、助手が一人増えて一日の発表会を
調律の加藤氏や私本人も含めて計6名で支えて運営しています。助手が増えた分
私の負担は軽減して、その分皆さんの演奏に耳を傾ける余裕が出てきました。

今回の発表会で驚いたのは、私はアマチュアの成長には限度があると思っていましたが
その成長に天井が無い事を発見した事です。もう10年前後発表会に参加されている方が
大勢いらっしゃいますが、ゆっくりではあっても、少しずつ確実に上達していく姿に本当に
感動しました。皆さん仕事も忙しい中、よく練習時間を割いているなと本当に感心します。

初心者の進歩は早いのですが、ある程度成長すると壁が出てきます。精神的にも一時の
燃えていた感情が薄れて気が散るようになります。それをどう乗り越えるか、それを乗り
越えた方が上級者へと成長していくのだと思います。

冬季オリンピックが終わってちょっと寂しい感じです。
テレビで多くの人が、感激の嬉し涙、悔し泣きの涙を見たと思います。
お菓子をほおばりながらテレビを見ているほうは気楽なもんです。
ふと考えました、自分はある結果に対して涙が溢れる程日々全力で過ごしているだろうか?


発表会のプログラム(星名2月28日2010年)
3月の土日祝日は全てアルルの発表会です。
外部の方、元生徒さんで興味がある方にはプログラムを郵送します(無料)
発表会プログラム希望  左記をクリックして、住所氏名を記入して送信してください。
尚、教室の資料を請求した方にはプログラムも同封しています。

冬のオリンピックも終わろうとしています。
私はこの冬は2年ぶりにスキーに行きました。スキーが目的というよりも、温泉と
白銀の連山を見に行ったのですが、とてもショックな事がありました。二十年通い詰めたお店が
閉店になっていたのです。浅間山の麓の別荘地にある店でしたが、とろろざる蕎麦が絶品で、
今回も楽しみに行ったのですが、電気は消え、よく見ると看板も無くなっていました。
店主とは会話をしていましたが、プライベートな付き合いではないので連絡先も分かりません。
東京でも随分お蕎麦屋さんに入りましたがあの味には巡り会いません。
失った味覚というのは感覚の世界だけに残っています。
不思議な事に同じ地元、嬬恋でざる蕎麦を食べてもあのお店の、歯ごたえ、喉ごしはないのです。
寿というお店でしたが、消息を知っている人がいましたら教えてください。

今回のスキーでは別の収穫がありました。スノーボードをやって転んだ時に左肩を強打したのです。
肩が「グギ」と音を立てた時には、しまったと思いました。元々1年以上前から左肩を痛めていて
一時は不眠症になるほどひどかったのです。そこを強打してしまったのです。
ところが痛みが全くない。手を廻してみたら、前よりも痛みもなくよく廻ります。
以前痛めた時と逆方向に力が働いたので偶然に矯正してしまったのです。
楽器演奏も、転んで起き上がってみたらうまくなっていた・・と言うふうになればいいですね。

のだめカンタービレ(星名2月14日)
のだめを新宿ピカデリーで観てきました。考えてみると原作は音楽を題材にした
ストーリーなのに音が出ない漫画で表現していたのですね。テレビドラマ、アニメにも
なりましたが予算の関係で肝心の音楽表現にはさほど力が入っていませんでした。
今回は劇場版ですので豊富な予算で超一流の演奏家でオリジナル音源を作成したのを、
家の中でテレビで音を聴くのと違い、映画館のド迫力の音響で聴きました。
名曲のテーマ、さび、クライマックスの演奏が次々と渦となって、綺麗な映像と
怪しいナレーションで夢の世界に浸れます。これは、DVDで自宅でテレビで鑑賞しても味わえ
ない世界です。皆さんも映画館に足を運んでください。

<追記> 映画が始まる前にイタリアンダイニングバー(至近距離の店ではない)に入りピザを
注文したのですが、待てど暮らせど出て来ない。催促をして、映画が始まる事を告げたら、
「1、2分でお出しします」との返答。更に10分待って催促したら「今日はお出し出来ません」・・
我が耳を疑い、「ええ?」と言ったら、返答は「焦がしてしまったので今日はお出し出来ません」???
急いで店を飛び出して、遠くにコンビニ看板を見つけ突進。お稲荷さんとお茶を買い劇場へ走る走る。
映画を観終えて、目白に帰り、マックで注文したら数を余計に計算されて架空請求された。
極めつけは、深夜に高速で葉山に向かって車を走らせていたら、右へのカーブのトンネルの中で
対向車が現れた。逆走の車だ。多分酔っ払い運転でしょう。盛んにパッシングをしたがスピードを
落とさずに走り去った。この時、奇跡だったのは、高速道路では常時右側車線を走る私が
何故かそのトンネルに入る時に左車線に移動したこと。何故かは分からない。
もしかしたらこれが虫の知らせかも知れない。


43万アクセス記念(星名・2010年1月14日)
既に3200件過ぎましたが遅ればせながら書きます。
最近はアルルの入会者の年齢の幅が広がり60代の方の入会は極普通になってきました。
そして不景気に突入してから影を潜めていた20代の方の入会も増えてきて、又、賑やかに
なってきました。

不景気というのは考えてみれば、社会という生き物の病気のようなものですね。
病気は原因があるからかかります。風邪をひいた人と一緒に何人かが同じ部屋に
いたとしても全員にうつる訳ではなく、免疫力が落ちている人だけにうつります。
病気は誰でもかかりたくありませんが、かかってしまった時は原因を考えます。
そして、病気が反省のチャンスをくれた思い、感謝してそのチャンスを生かします。

日本は何処へ向かうのか、アメリカ一辺倒からそろそろ脱却すべき時にきていると
個人的には思っています。武器よりも友好で平和を築いた方が安上がりで楽しい
はずですが、アメリカは軍事産業が陰で操っているような気がします。


2010年明けましておめでとうございます(星名 1月2日)
年末はここ数年片付けなかった私が座るべき椅子の周辺を片付けていました。
ゴミ袋で10袋程のゴミを出し、やっと椅子が見えてきて人が座れるようになりました。

音楽教室経営の私が年末は3チャンネルではなく格闘技を見ながら片付けをしていました。
クラシックファンには縁のない世界ですが、柔道金メダル同士の戦いは寝技になると思いきや
そこは柔道の王者同士、互いに相手に技をかけさせないので結局柔道対決にはならなかった。
負けた石井だが顔面に足蹴りを受けながらびくともせず、逆にその足を掴んで吉田を押し倒した。
圧巻の一瞬。ゴングが鳴らなければ石井が勝った瞬間だった。
魔裟斗は打たれると闘志が燃えるらしく、顔面を連打されながら一歩も引かずガードもせず
打ち返す。筋肉が勝ったと言うより凄まじい執念が勝ったという感じだった。
有言実行で強いままの引退を自らの力で飾った。
今年の勇気をもらいました。

高田馬場探検記(星名 12月16日)

目白は飲食店が少ない。おまけに閉店で店が減る。池袋は自転車時々遠征で食べに
行くが、ふと高田馬場に行ってみたくなった。目白の隣なのに30年間行った事が無い。
理由は遠い感じがしていたから。本当は池袋より近いのだが、目白は高台で高田馬場は
昔神田川よく氾濫したように土地が低い。つまり高田馬場までずっと坂なのだ。行きは全く
自転車をこがなくて良いが帰りが大変。でも行って見た。
酔った若い女の子が道にしゃがみ込んでいる。目白よりもやたらと人が多く、エレキギターを
背負った人が多い。なにやら、バイオリンを抱えて歩いている人が主流の目白とは異文化の
街らしい。人の歩き方も違くて、外国に行った様な不思議な体験をして帰ってきました。
帰りの登り坂は?はい、とても良い運動になりました。息もはーはー。



銀杏の葉が舞い始めました(星名12月7日)

今日は冷たい強い風が吹き、道路に銀杏の葉の山が出来ました。
本来は11月から落ちるのですが温暖化のせいでしょう。随分遅い落葉となりました。
これから掃除が大変です。靴についてアルル内に大量に侵入してしまいますので。
今、皆さんは3月の発表会の曲決めで悩んでいると思います。
一つのヒントを教えます。好きな曲を練習する時は右脳が働きます。嫌いな曲を練習
する時は左脳が働きます。勉強になるのは後者ですが、でも結果的にあまり練習
しなくなります。前者ですと俄然練習量が増えます。
どちらが上手くなるか?いっその事2曲選んだらどうでしょう。


アンサンブル発表会が全て終了しました(星名 11月4日)
ちょっと気が抜けてボーっとしていました。観察していると、もう何回も参加している方が
多く、初期の進歩は緩やかですが、どこかで壁を越えるのか、最近皆さんの進歩が著しい
ように感じて聴いていました。その熱意に主催者の私の方が改めて身が引き締まる思いです。
既に、来年の予定が決まっています。入り口に貼り出してありますので、先生や仲間と相談して
ください。
今回は、時間に余裕があったので首相官邸と国会議事堂の周りを一周してきました。
国会議事堂は正面からつくづく眺めますと実に美しいデザインで驚きました。
東京に何十年も住んでいながら殆ど東京を見て歩く事はないなあと思いました。
地下鉄を乗り継げるようになったのはつい最近の事です。

アンサンブル発表会酣です(星名 10月24日)
初日に大編成のユリニアオーケストラとアンサンブルfが演奏しました。ギターアンサンブルも
バッハから映画音楽と幅広いレパートリーで演奏しました。
ユリニアオーケストラは私の耳ではとても安定して、素晴らしい成長だと思って聴いていました。
アンサンブルfは弦の響きに拘っていて、あえて管楽器をいれずに弦の響きの美しさを追求しています。
弦楽四重奏もアルル内では最高レベルと思います。
どのグループも毎年参加している方が多く、やはり確実にレベルアップしているのを感じます。
残りの日程を、生徒さんも外部の方も是非聴きにいらしてください。

本日は、開始時間が遅かったので時間的に余裕たっぷりでした。目白の食事は食べ飽きたので
都新で食べようと思い、早めに星陵会館へ行き、車を置いて散歩。日比谷高校の正門を通って、
坂を下って表通りに出たらお店が沢山見つかった。魚専門の日本食の店を見つけて、焼き魚(秋刀魚)
定食を食べたがハズレ。料理と言っても、焼くだけなのに・・・ 多分、解凍の失敗だと思うが残念。

歌の先生に、「ここは僕の母校だ」と冗談を言ったら相手にされなかった。


ポピュラー発表会が終わりました(星名)10月6日
秋に6日間ある内のトップバッターのポピュラーの部が終わりました。

上記の写真は深沢先生が携帯で撮ってくれた私のステージです。
うまくいったかって?
何人かの先生に、(発表会のトランペット演奏)「どうだった?」と聞かれましたが、
「聴かせてあげようか」とアンプの方へ行くと、何故か皆「いい、いい!」と断ります。
名演だったんですが。
トランペット前半の男性陣は苦しいステージになりましたが、それはトランペットは
自身の唇を振動させて音を発していますが、その唇を取り巻く表情筋が精神状態に
直結している関係で、ステージに上がると崩れ易いのです。
何かで、「シマッタ!!」と思ってしまうと、その気持ち(感情)で失敗のスパイラルにはまります。
それに対して、後半で出た女性二人は見事なステージでした。しかも、リハーサルは
仕事の関係で出来ず、当日、ぶっつけ本番でした。
とりの人もプロ並の迫力でしたが、その差には大きな秘密があるのです。
つまり、子供の頃ブラスバンドを経験した人と、そうでない人の底力の差は埋めがたいほど
大きいのです。でも、発表会のあのスリルと興奮は日常生活では味わえません。
恐ろしいDVDも半年位して見ると平常心で見れます。
又、驚いたのは響きの会ですね。十数人がステージに上がり難しいマンボのリズムを
見事に演奏してくれました。掛け声が最高でしたね。




おさらい会報告(9月14日)
9月5日(土)におさらい会が久しぶりに催されました。
写真は私(星名)がカメラを忘れて取りに戻りましたので、前半を撮り損ねました。
とりあえず皆さんに雰囲気を伝える為に撮った分だけ紹介します。
最後の小さな人は小学生です。

おさらい会とは、クラス(先生)、楽器の垣根を越えてアルルの生徒なら誰でも
参加できる会です。アルルは膨大な数のクラス毎のイベントがあり、とても紹介
しきれませんが、今回は久しぶりのおさらい会なので紹介します。
特徴としては、度胸試しを目的としていて、曲の仕上がり具合は問わないという事です。
年内に、又、企画しますのでチラシの掲示に注意していてください。
場所はアルルの1階のスタジオです。





お盆休みは如何でしたか(星名 8月18日)
猛暑がこないまま夏が終わりそうな気配になってきました。
私は家が葉山で、リゾート地に住んでいますので毎年夏はどこへも行かずに
家でのんびりしています。南風が吹かず冬のように静かな波の無い夏でした。
日照が少なく気温は低いのに海水はぬるま湯のように温かく、海流が変わって
いるようです。海岸の人出は天気に恵まれた休日でも20年観察した中で最低でした。
何でも、この夏は山登りが流行ったそうです。何しろ山の中を歩くのはただでお金は
1円もかかりません。海の家は一人2000円取られますからね。

お盆明けと共にアルルは問い合わせが増えてきました。
音楽はアウトドアとは対極の趣味の気がします。
先日は85歳の方がピアノで入会されました。
音楽に取り組んでいると(悪戦苦闘していると)歳をとりません。
アウトドアーが筋肉を鍛えるとしたら、音楽は脳を鍛えます。




歌声教室
本日(8月7日)小宮先生の歌声教室を体験しました。
これは1階のスタジオを利用してグループで行います。
平日の昼という事で参加出来る方は限られていますが、元々、年齢層を高く設定して
いまして、歌う曲はリクエストに応じますが、今回は断トツ人気で、「千の風になって」を
最後に歌いました。
今回、「浜辺の歌」の歌詞を先生が解説してくれましたが、子供の頃歌って、何でもない
歌だと思っていた歌が、実はどれ程深い内容の歌か改めて知りました。
作詞者は1番はさりげなく導入し、3番あたりの詩で作詩者が一番語りたかった内容を
書くようです。今度、そんな事を意識して色々な歌を観察してみてください。

次回は8月21日(金曜)昼12時アルル1階スタジオです
1回だけ参加無料です。興味がある方はどうぞ。外部の方も参加できます。 (星名 記)



発表会ネタを一つ (星名)
私は東京マラソンの朝、いつものコースで車で会場に向かっていたら、途中で
通行止め! 警察官に聞き、その交差点を確認しながら走っていたらとんでもない
方面に出てしまった。地図を眺めていたが、運転をしている人なら分かりますが、
地図を読み込んでルートを把握するのには結構時間を要します。
時間は迫っていて、私が行かないと始められません。一番の問題はビデオ撮影。
結局、グッドアイデアを思いつき、タクシーを待ちました。(こういう時に限ってなかなか
通らない)二代目のタクシーが地理を把握していて、そのタクシーの運転手さんに
先導してもらいその後をついて車を走らせました。無事、ぎりぎりでホールに滑り込み
ました。お客を乗せないで料金を貰ったのはその運転手さんも初めてではないでしょうか。

話はこれからです。私はその日の帰りに、予定した迂回ルートで帰ってみました。
しかし、聞いた交差点が見つかりませんでした。
発表会の最終日にもう一度迂回ルートで帰ってみました。私は常に絶対に正しいからです。
結局、警察官が交差点の名称を(二つの地名を組み合わせたもの)間違えて説明したことが
分かり、原因がわかりほっとして最後の夜、のんびりと帰りました。
しかし、さすがに疲れて葉山へ帰るのは諦めました。
誰か、(私が聞き間違えた)と思っているでしょ。


発表会が終わりました(星名 2009年4月1日)
本日は4月1日。嘘をつくのを忘れている内に、周りから人がいなくなり4月1日も
終わろうとしています。今日は雷が鳴り、今年も異常気象の予感がします。
発表会ですが、もう10回目の参加という方も多く、とにかくレベルアップには目を瞠ります。
アルルは初心者対象のイメージがあったのですが、今では大曲に挑む方が大勢います。
石の上にも3年ではなくて10年ですね。伸び悩んでいる方、努力して後退はありません。
前進していれば、いつかは名曲に手が届きます。


発表会が3日分終わりました。(星名 3月11日)
どんなに優秀で仕事ができる人でも、発表会は別ですね。
楽器を演奏するのは本当に難しいなと思います。
だから飽きないんですけどね。

昨年から、カメラを一眼レフのデジタルにしましたが、従来のカメラとは
比較にならないくらい難しい。初めてパソコンに取り組む時と同じですね。
明るい屋外で普通のスナップ写真ならどうって事はないのですが、
発表会は暗くて、特殊な背景、空間ですので様々な問題が出ます。
ストロボもカメラも高機能に成り過ぎ、選択肢が細分化し過ぎていて
従来のアナログの感覚ではとても太刀打ちできません。しかも、私は説明書を
読みたくない人間なので・・でもやむ終えずかなり読みましたので、次の撮影は
期待してください。


お別れ会 (星名1月31日)

アルルと関係ありませんが、別な仕事が今日で最後で、スタッフとお別れ会で
食事に行きました。高級レストランの様なゆったりとした広いお店ですが、
メニューは居酒屋価格で、工夫した料理が揃っていてどれも実に美味しい。
目白に出店して欲しいですね。
何で、突然こんな事を書いたかというととにかくお店が満員で混んでいたからです。
どこが不景気なのかと思うくらい賑わっていて、6人もいたウエイトレスは全員広い
店内を休み無しで飛び回っていました。
おかげで私は水(お冷)を2回頼みましたが2回とも忘れられました。
椎茸バターも結局ミスで出てきませんでした。
おまけに、はす向かいの席にいた男性はウエイトレスがひっくり返したビールを
背中にまともに浴びてしまいました。忙しすぎると色々あるようです。
不景気でも忙しいお話でした。

「田崎クラスの感想」赤嶺華菜   

 田崎先生の指導はとてもユニークで面白いです。

体や心がのびのびするようなイメージや意識の持ち方をピンポイントで教えてくれ、
その通りにやってみると実際、力みのない良い声が出るのです。

 

 以前別の所で歌を習っていた時は、“ここの筋肉はこうしなければ “ここは力を
抜かなければ”
云々の注意事項に縛られすぎて、逆に体を硬くしてしまっていたんだと
気付きました。

 田崎先生のクラスで初めて、「リラックスしていたほうがやわらかい良い声が出る」と
分かり、歌うことに対する考えが随分変わりました。

 

 これからも、自分の体をうまく使って、気持よ~く声を出せるように練習していきたいです。
体の使い方を鍵として声楽を学びたい人に、是非田崎先生のクラスをお勧めしたいと思います。




声楽クラスの楽しみ  Nさん(30代)(田崎クラス)

 アルルのレッスンは個人レッスン。レッスンに通うだけでも上達という大きな楽しみは
ありますが、共通の趣味を持つ仲間ができたら素敵ですよね。せっかくアルルに通うなら、
イベントに参加しなくてはもったいないです。

 田崎クラスでは、忘年会(クリスマス会の時も)、発表会の打ち上げ、年によっては、
お花見や花火見物、ボーリング大会などがあります。もちろん
3月の独奏発表会、秋の
アンサンブル発表会にも、田崎クラスには多くの生徒が参加しています。私も
3月の発表会
には
8回、アンサンブル発表会には6回参加しています。(継続は力・・・となっているといいな
と思います) 特に、秋のアンサンブルの楽しさは、参加された方はおわかりのここと存じますが、
一度参加すると来年も絶対参加しようと思うほどです。私など、本番前の練習中に、
「来年はあの曲、あの曲!」と勝手にきめてしまい、共演する人を誘っているくらいですから。

 参加者の年齢は20代から○×代と幅広いのですが、衣装や小道具にも凝ったりして、
学生時代のサークルのノリです。田崎クラスでは約
2か月前から月に2・3回、土曜日にアルル
サロンで参加者が集まり稽古をします。

 他の人が歌ってるのを聴いたり見たりすることは大変勉強になります。人前で歌う訓練にも
なりますし…、(だからと言って、本番で緊張しなくなるというわけでもないのですが)

 アンサンブルに参加してからは、以前より伴奏が聴けるようになったかなとも思います。
でも一番良かったことは共通の趣味を持つ仲間ができたことです。本番では舞台裏でも、
不思議な一体感(…連帯感というのでしょうか)を味わえます。アンサンブルは本番が楽しいですよ。

 田崎先生はこのアンサンブルグループを「ポモドーリ」と名付けて下さいました。ポモドーリは
「トマト」という意味ですが、語源は「黄金のリンゴ」だそうです。昔「トマト」は貴重な果実だった
ようで、「貴重な黄金の果実達という気持ちを込めてグループの名前とされたそうです。
(素敵な名前を付けて頂き田崎先生、ありがとうございます)

 ただ田崎クラスのアンサンブル発表会は、聴きに来ていただく方が少なく、かろうじて出演者の方が
観客より多いという状況です。関心をもたれた方、是非、今年は聴きに来て下さいね。


2009年おめでとうございます 星名
すっかりサボって本日はもう1月6日です。皆さんは正月は何をしていましたか。
私は年末から昨日まで部屋に引き篭もって、あるホームページの原稿を書いていました。
実際の制作はプロがしますが、原稿を渡さないとプロも作れません。多分、今月中に出来る
と思いますので公開します。このHPも手を加えなければと思い、手始めにリンク集をチェック
したら、物凄い数がリンク切れ(リンク先が消滅)していました。
昔の商店街を何年振りかで訪れたら懐かしいお店がたくさん消えていた状態です。

アルル通信ですが、今年からモデルチェンジして、生徒さんが作る形式にします。
皆さんから、原稿と写真を募集します。

テレビのニュースは不景気の話ばかりですが。不景気は人の心が作ります。
生活防衛の為に財布の紐を引き締める、それが不景気の第一歩です。
自分を守るつもりが、世の中をますます不景気にして結局自分の首を絞めるのです。

不景気は最大のチャンスです。どんどんお金を使いましょう。車も安くしてくれますし、
マンションも安くなっています。世界一の投資王も「今が買い」だとか言っていました。
そもそも、マスコミは不景気をあおり過ぎです。マスコミというのは話を面白おかしく
するのが商売です。私も過去に何度も取材を受けて、いかに話を作るかよく知っています。
これを読んだ方は積極的に生きて不景気を吹き飛ばしましょう。
不景気は本当にチャンスです。真の実力が試され、努力した者が報われ、本物が生き残る
のが不景気です。
しかし、発表会は努力がなかなか報われませんね。ちょっと話が違ったかな。


アンサンブル発表会無事終了(11月3日 星名)
今年は9月から3ヶ月に渡る発表会でした。毎年参加している方が多いせいか、年々安定してきて
音量も増してきています。私は、普段生徒さんとあまり接触しませんが、入会のきっかけの時に1回
だけ対面している方が多くいます。全くのビギナー(子供、学生時代に楽器経験が無い)だった人が
オーケストラに参加しているのを客席で見ていると本当に驚きます。中には、「この人は絶対に入らな
い<アルルに入会しないの意味>。入っても絶対にうまくなれない」と思った人が、ステージで立派に
吹いているのには本当に感動ものです。先生が我慢強かったのか、先生の指導が良かったのか、
本人が頑張ったのか・・多分全部が組み合わさったのでしょう。
ユリニアオーケストラは、昔は演奏終了後拍手が鳴り終らない内に指揮者が格好つけて急いで、又、
ステージに出てきたこともありましたが、今は指揮者はもう出てくる気は無いのに、拍手が鳴り止まず、
何度もステージに呼び出されています。実際にそれだけ素晴らしい演奏に進化していました。
来年は、ユリニアに限らず是非聴きに来て下さい。
次は、来年3月の独奏発表会です。全部で10日間も用意していますので、是非みなさん参加しましょう。


皆さんはどんな夏休みでしたか?
私は仕事が溜まり、夏休み無しでした。今、アンサンブルとポピュラー発表会の
プログラムを編集しています。来年は、9月の発表会はやめて10月にしようと
考えています。理由は、9月はまだ暑い。そして私の夏休みの為。

地球の事を考えて、車で葉山に帰るのをやめて電車に変えました。
10年車しか利用しませんでしたが、電車で帰ると遠足気分で楽しいですね。
乗り換える事に気分が変わり、最後海辺でタクシー(バスは終わっている)を
降りると海の香りがとても新鮮です。マイカーだと、いつもの音楽をかけて自分の
世界を引きずったまま移動する事になります。
それと、本が読めるのがいいですね。 星名 8月18日

報告 星名(7月29日)
先日の川崎先生のリズム教室ですが、特に印象に残った事を書きます。
(インテンポ) ショパンの別れの曲を先生がメトロノームに合わせて演奏しました。
すると、あの名曲が童謡程度の単調な曲にしか感じられない。次に、クラシック特有の
思いっ切り溜めを作って演奏するといつも聴く名曲になりました。(しかし、メトロノームに
合わせられない人が名演をしているわけではありません)
そこで、疑問を感じるのはポピュラー音楽との違いです。ポピュラー音楽はドラム等リズム
セクションが入りますから、リズムの揺らぎはありません。そこで、メロディーらしきメロディーが
無く、一定のリズムがひたすら繰り返される事により、ある感性の世界を創り出すボサノバを
演奏してくれました。それはそれで、けだるいような、物憂い不思議な世界に引き込まれます。
音楽の組み立ての仕組みは色々あるのだなあと痛感しました。
又、秋に企画しますので参加して下さい。自分の演奏に磨きがかかりますよ。




引越し(星名)7月9日
ここ、2、3年仕事と、プライベート両方で数回引越しを繰り返して、引越しは
こりごりなのですが、ホームページもサーバーを変えて引っ越したのですが
又々懲りました。何年か前に自分でサーバーの引越しは経験していたのですが
その時は、割と簡単でしたが、今回はかなりてこずりました。色々と人の手を借りて
何とかホームページの更新のアップロードがやっと出来るようになりました。

最近、世の中おかしくなってきているようです。異常気象もそうですが、例えば
世界では貧しくて学校に行けないずに、病気の親の為に働いている子供が何万人も
いるというテレビ番組を見ていて、チャンネルを変えたら、日本の子供は35人に一人が
不登校という報道をやっていました。どうも人間は恵まれ過ぎると良くないようです。
昔の日本の子供は引き篭もろうにも、自分の部屋、子供部屋なるものがありません
でしたからね。最近は、居間で子供に勉強をさせるというのが流行っているらしいです。
何でも、東大合格者の多くが居間学習を実践しているとか?練習も居間で練習すると
良いかも。耳栓を家族に配って。


「ドイツ交流演奏会」田中宗一郎

アルルでトロンボーンを習っている、田中と申します。
私は、昨年の年末から年始にかけて、ドイツのドレスデンへ演奏旅行に行って参りました。
それは、ジョイントコンサート国際委員会という団体の企画で、日本とドイツの親善交流を
目的としたものでした。そのため、コンサートでは、オーケストラは日本人、合唱団はドイツ人、
指揮者は日本人とドイツ人が交互に務めるという形をとりました。
私は、ちっともドイツ語を話せませんので、当然、コミュニケーションは大変難しいものとなりました。
例えば、オーケストラのリハーサル後、ドイツ人指揮者に「曲と曲の間でミュートをつけるので、
少しだけ待って欲しい」と一言頼むのさえ、私にとっては大変なことでした。
コミュニケーションはまぁどうにかなるだろうと思っていましたが、言葉については結局どうにも
なりませんでした。ただ、不思議なことに、曲はちゃんと一緒に演奏できるのです。

旅行中、私は偶然知り合った現地のアマチュアプレイヤーと、アンサンブルをする機会がありました。
そのときに初めて会った、言葉の通じない人同士が、同じ曲を演奏するということは何て不思議な
ことだろうと思っていました。また、自分がこうしてドイツに来れたのは、今まで教えて下さった
石川先生のお陰だと思っています。アルルに来て習う前、私はトロンボーンで音を出すのがやっと
でしたが、レッスンを受けて、こういった企画にも参加することができるようになりました。
このように、今回の演奏旅行は、私にとって、非常に有益なものでありました。
と同時に、(主に演奏についての)いくつかの問題点がより明確になったので、今後、アルルで
その解決方法を教わっていきたいと思います。


子供の上達は早い(星名)2月3日 
 本日1年余り前に私が短期間トランペットを教えた子供が久しぶりに訪ねてきました。
当時小学校4年生で高音域が全く出せなくて学校の鼓笛隊で与えられた楽譜が
吹けなくて習いに来たわけです。希望曜日と女性の先生のスケジュール合わなくて
暫く私が教えたのです。私は自分が苦労している分、常に分析を繰り返しているので
コツを教える引き出しは沢山持っています。指導の甲斐あって、その子は高い音が出せる
ようになり鼓笛隊から出世してブラスバンド部に移ってしまいました。そしたら朝練に始まり、
土曜も練習になってしまい結局アルルは通えなくなってやめてしまった子です。
その子が1年ぶりに訪ねてきて、トランペットを聴かせてもらったら、私より遥かにうまくなって
いました。現在五年生ですが六年生を出し抜いてファーストを吹いているそうで
す。
 
 それと同じ経験は前にもあります。小学校六年のトランペットの初心者の子がクリスマス前に
簡単なクリスマスの曲が高い音が出ない為に苦労しているのを知り、一度だけ指南した事があり
ます。お母様の話では家に帰ってから、得意になって吹いて聴かせてくれたということです。
メロディー
がつながったのがよほど嬉しかったのでしょう。その子も中学に入ってから部活が忙しく
なり
アルルはやめてしまったのですが、1年余りして会った時に聴かせてもらったら、
私の遥かかなたまで上達していました。
中学生なのに社会人のバンドに入り吹いているということでした。
 
 子供は正しい基本とコツを教え、しかも本人がやる気を出すと、大人の十倍の速度で上達
するようです。しかし、大人も負けていられません。発表会も近づいて
きました。頑張りましょう。
 


クリスマスケーキ 
アルルが1年で一番空いていて思う存分練習出来るのが12月24日です。
皆さんは如何お過ごしでしたか。私はリトミッククラスのアルルの1階スタジオでの
クリスマスパーティに招かれました。早い話が、「写真を撮って欲しい」ということなのですが。
下が、その時の写真です。リトッミクを卒業したお姉さん(小学校1、2年生)のピアノ演奏も
ありました。何年か前はリトミックを卒業すると殆どのお子さんがバイオリンを選んだのですが
今は何故か全員ピアノです。のだめ、の影響ではないかという説もありますが、ちびっ子が
のだめを知っているとも思えないのですが・・・
私は残ったケーキを食べ過ぎてしまい、ケーキでお腹が一杯になってしまいました。
ちびっ子のパーティですのでビールはなし。



あいさつ 星名(1月7日)
 
今年も年末年始はアルルの片付けで終わりゲレンデには出られませんでした。
簡単に年末のパーティの報告をします。クラス別に多数のパーテイがありましたが
その内の小宮クラスのパーティに参加しました。コスプレ大会だそうで、メイド服、
セーラー服、サンタクロース、ナース服、オスカル、動物の縫いぐるみ、ファミレスの
制服と、誰がそろえたか知れませんが色々あり、女性たちは絶えず着替えて衣装を
変えていました。数人がその服装でアルルの1階からコンビニまで買い物に行って
しまいました。ピアノやバイオリンの生徒さんには出来ないでしょうが、彼女達は
オペラのアリアを歌う方達ですから、成り切るのは得意なようです。実は、小宮先生
川崎先生、住吉先生のコスプレ写真があるのですが、写真を撮った男性Sさんが
何度言っても絶対にその写真を私によこしません。独り占めはずるい。
興味がある方は次回参加すれば美味しいお酒が飲めますよ。

 ところで、片付けとは別にHPを作っていました。プロが作るHPは絵を多用して
絵を貼り付けていることが分かりました。文字もPCの文字ではなく 絵 を使うんです
ね。だから、自由自在に編集をします。しかし、そこまでの技術も時間も無いので
出来る範囲でつくりました。ほんのとっかかりで、2,3年かけて作るつもりでいますが
時々このページを覗いていてくれる生徒さんの為にサボっているお詫びとして
公開します。   
          ここをクリック 


2007年が幕開けしました 星名(1月1日)
テレビで東フィル尾高忠明指揮のカウントダウンコンサートをアルルの
2階を片付けながら見ていた。後1分、プロのテンポ感がどこまで完璧か、
ちなみに私は発表会で緊張した時に前奏のピアノが異常に遅く感じ、もっと
速くと文句を付けてやり直した結果速すぎて失敗した経験がある。
私の説ではテンポ感は心臓の鼓動に連動している。
尾高忠明は・・・
その時一人の男性がヌッと入ってきた。生徒の音楽サークルのYさんだ。
アルルも生徒が入れ替わりYさんを知らない人も多い。
これから書くニュアンスは昔のサークルの人だけが分かればよいかも知れない。

 プロ指揮者のテンポ感は完璧で1秒の狂いも無く演奏が終了。と、同時に2007年が
幕を開けた。すると、隣に立っていたYさんが「あけましておめでとうございます!」
気がついてみると新年の幕開けに私が目と目を見つめ合った人は

       サークルの男性Yさんでした。

 私は「今年は縁起が良いように」と祈りました。

 その後午前2時過ぎに車で出かけようと思い車を走らせようとしたら何か変。
右後輪がパンクしていました。    これ以上書かない方が良いようです。

 皆さんは今年はツイているから大丈夫です。ご安心を。


アルテリーベ東京のホームページ 


気になったインタビュー (星名 8月24日)
 
夏休みはどうでしたか?私はここ十数年で初めて東京に篭っていました。
仕事をしていました。アルルの生徒さんは私が何を(準備)していたかいずれ
分かる事になります。

 ところで私はスポーツ観戦に全く興味が無く、巨人が勝っても負けても、
ワールドカップで日本が勝っても負けてもどうでもよい人間で、そんな事で騒ぐ
人を冷ややかに見る人間です(但し、日曜の朝、早起きをしてグラウンドに出て
ボールを追いかけているアマチュアは尊敬します)。

 しかし、高校野球の決勝再試合はテレビで見ました。殆どの人は勝った斉藤君に
興味がいったと思います。マスコミもそうです。私は、ニュースには出なかった
田中君の貴重なインタビューを聞きましたので、ここに、記憶で意訳します。

 -負けて涙は出ましたか?ー
    「出ませんでした」
 -どうしてですか?ー
    「自分は全力を出しました。その結果負けました。だから悔いはありません」


 点差は1点です。「もし」あの時。・・・だっ「たら」。・・・て「れば」。
普通の選手は、「もし」「たら」「れば」で悔し涙を流します。そんな映像の方が感動的です。
もし、田中君がグラウンドで泣き崩れて仲間に抱き抱えられるシーンがあればマスコミは
繰り返しニュースに使ったでしょう。

 偶然では考えられない組み合わせで斉藤君の最後の打者は田中君でした。
ピッチャー対決でした。田中君はピッチャーにはほぼ不可能な一打同点の
ホームランを狙い、全てフルスイングでした。結果は空振り三振でした。

 田中君は投げられたボールを見送り(様子見)せず、全身全霊のフルスイングで空振り。
そして、自分が投げたボールで三振が取れなかった事に対して、連投の疲れ、体の故障を
抱えていた事を一言も口にしませんでした。負けて後悔、言い訳を口にしない。

 斉藤ファンにも付け加えます。
彼は1年前に田中君に惨敗し、今年の春も別のチームに惨敗していました。
(学校をやめて逃げ出したかったそうです)彼は仲間に支えられたと言っていました。



寒い夏 星名(7月20日)
 昨年は40度近い猛暑で暑さに強い私もまいってしまいましたが、今年は冷房
無しで業務が出来ると言う信じられない天候です。テレビでは正に天変地異のSF
映画のような映像がニュースで流れています。

 先日の連休で恒例のカヌー大会をしました。案内のチラシに「命をかけて大海原に
出よう」と書いたのですが、それが現実となってしまいました。波が荒かったのですが
強引に漕ぎ出したところ、風が強まり更に波が荒くなりました。荒い波は浅い陸地近く
では急角度で迫って来ます。そこで転覆しない唯一の方法は波に向かって真っ直ぐ進む。
それしかありません。もし、波に船体を横に向けたら100%ひっくり返ります。引き返したい。
しかし、その為には方向転換の途中で波に横を向く事になり転覆は免れません。じっとして
いても転覆です。自転車が止まっていれば倒れるのと同じです。では、どうすれば良いか。
波にまっしぐらに進むしかありません。しかし、そうするとドンドン沖に出てしまいます。
向かい風に立ち向かい、次から次と来る波を乗り越え気がついたら遥か沖合い数百メートル。
陸は小さく見えます。

 焦るのは禁物です。波は沖では緩やかなのです。どんな津波でも沖では船は転覆しません。
しかし、海底が浅くなると波は急角度となり、破壊力を高めます。沖に出れば波は緩やかになる。
そう信じて必死で漕いだ甲斐があり、波は高かったのですがゆったりとした感じになりました。
そこで方向転換をして陸を目指し、無事帰還しパソコンに向かっています。



連弾コンサートの報告 (星名)
別ページで編集しましたので見て下さい。
ここをクリック

引越し(星名)6月4日
 この春は別館の引越しがありまして、それがやっと整理が終わり、今度は
プライベートな引越しをしています。引越しといっても住む場所は同じで徒歩5分の
変りばえのしない引越しです。私は仕事とプライベートがごっちゃの生活をしていますので
家も職場を兼ねていますし、倉庫代わりに自宅を使っていたので物の整理が大変です。
一週間掛かりっきりでしたが、もう一週間掛かりそうです。トランペットも発表会以来
お休みです。でも、夕べトランペットを新しい所に移したら何故かここのところ落ち着かなかった
気持ちが一段落しました。愛用の楽器は自分の分身なのですね。


壁 星名(3月13日)
 8日間の発表会の日程も5日間が終了しました。皆さんレベルが上がってきて本格的な
名曲に挑む方が増えてきました。様子を見ていると、始めて何年かして停滞期があるようです。
始めて最初の内は上達が本人にも自覚できます。何年かすると壁があるようで、練習しても
進歩が自覚出来なくなります。そこでやめてしまう人もいますが、辛抱強く続けていると
今までの努力が実を結ぶ時が来るようで、次の領域へと入って行く事が出来ます。
そこからが本当の音楽の楽しみではないかと思います。壁に当たった時は無理に背伸びを
して我武者羅に上を目指すよりも、もう一度初歩に戻り、基礎練習からじっくりやり直すと
良い結果が出るようです。ある程度出来るようになってからやり直すと、教則本に必ず出ている
基礎練習の課題の意味が分かってきたりします。先を急ぐと信長のようになり、急がば回れの
精神でいれば家康のように全てが手に入ります。ちょっと例えが違いますかね?



音楽とオリンピック   星名
 アルルには幼児から年配の方まで大勢の生徒さんが通っていますが最近フッと疑問に
思う事があります。多くの子供達にとっては音楽はお勉強であり、お母様から時には
「今日は練習したの!」「練習しなさい!」と叱られます。ところが大人はどうでしょうか?
自分で高い月謝を払い、遠路はるばる仕事で疲れているにも関わらず目白(アルル)まで
通っています。大人にとって音楽は趣味であり遊びです。

 練習が義務であれば楽しいはずがありません。練習が遊びであれば楽しいでしょう。
しかし、音楽は遊びで楽しむのには難し過ぎます。リズムは取れない、音程も怪しい、
音は出ない、変な音は出る。発表会では緊張する。トチれば伴奏が先に行ってしまう。
どこで入ればいいのか分からない。それでも高い参加費を払い毎年発表会に参加します。

 大人は、「子供の時にちゃんと音楽を身につけておけばこんな苦労しないのに・・」と恨め
しく思い、子供は、「何でこんなめんどくさい事をしなければいけないのか」と思う。

 音楽の魅力は何でしょうか? 苦難の向こうにある音楽の魅力は何でしょうか?
子供は音楽を習うとどんないい事があるのでしょうか?

その秘密は自ら体験しなければ分かりません。

 この原稿を書いている今、冬季オリンピックが始まろうとしています。
オリンピックが始まると日本中が興奮します。しかし、いつも思います。
自分でその競技を体験した事が無い人に興奮する資格は無いと!

第一回アルルサロンコンサート報告
 曲目、出演者名はこのページを下に見ていくと載っています。
今回新しく出来たサロンでは第1回目ですが、20年くらい前に2階部分が広くて、サロン
コンサートを行っていました。今はレッスン室を作ってしまった為狭くなってしまいました。
春から、色々な企画をしたいと思っています。先生だけでなく、生徒さんも出演していいです。
演奏後、又は演奏中の飲食も考えています。特にポピュラーのジャンルではお客さんは
お酒を飲みながら聴くのが常識となっています。楽しみにしていてください。
私がここでリサイタルをするという噂も無いわけではありませんが、その時はチケット代
以上に飲み食い出来るかも。勿論、お耳直しにプロのゲストを招きます。